釣果報告

2017年8月23日 (水)

第二回!郡上アユをとことん楽しむ会。。

ハイ!今年も行ってきました(^_-)-☆天皇献上鮎で有名なアユ釣りの聖地、長良川支流吉田川。。

今年の面子も去年と同じ自分を含むこの4人。。2017823hitori

小川師範にサウスハンドのタナゴリさん、そして遠征の友ロッキー君。。。

夜中の2時に東京を出て、途中雨に降られたりしてちょっと天気が心配だったんですが、現地はほとんど雨も降っておらず無事に予定通り釣りを開始する事が出来ました。。

2017823hitori2

今年もタックルは小川師範のをお借りして、自分と小川師範、タナゴリさんとロッキー君の二組に分かれて釣りをします。

まあ、アユ釣りと言えば去年の様な晴れた天気が理想的ではありますが、雨上がりのしっとりした空気感もなかなかいいもんです。。相変わらず水は綺麗ですし、目の前に広がる景色も素敵ですからね~(^。^)y-.。o○。。。

2017823hitori1

大まかな鮎の友釣りテクニックに関しては去年小川師範から伝授してもらったので、一年間のブランクを取り戻しつつオトリ鮎を泳がせ、狙うポイントに誘導します。。

2017823hitori3

多分、川釣りをしてるヒトならどこに魚が居るのか?と言うのは感覚的には分かるとは思いますが、いかにそのポイントにオトリ鮎を誘導するのかが難しく、ルアーと違ってなかなか思い通りにならない所がまた面白いんですよね~。。強引に誘導し過ぎてもいけないし、オトリ鮎の状態を観察しながら、時には動き出すのをジッと待ったりしてその時を待ちます。。

コレがまたツボにハマると蓮ちゃんしたりして、逆に一つタイミングを外すとその流れがパタッと止まり、沈黙が続いたりもします。

それが「循環の釣り」とも言われるアユの友釣りなんですよね~(^。^)y-.。o○。。その一連の流れを今回は良い感じに動画に納める事が出来ましたので↓是非ご覧ください。。(→細かな動作や目印の動きなどが見たい人はHD画質でご覧あれ!)

どうですか?この手返しの良さが無ければ数釣りは出来ません。。。動画の中でも言ってますけど、オトリ鮎の付け替え作業なんて、自分がやったら10倍以上時間が掛かりますからね~(^^ゞ。。。

あと、掛けたアユを抜き上げて網に納める動作なんて見た目以上に難しいですから。。

2017823hitori4

そりゃもう自分達の取り込みはバタバタで、ヒトに見せられるようなもんじゃないです。。

ちなみに今回は20センチを超えるちょっと大物の鮎も掛けたんですが、コレが結構引くし、竿は長いし、、仕掛けは細いし、、、どこまで力を入れていいのやら分からないし、そのやり取りの最中の写真を見ると↓何ともへっぴり腰で、まあかっこ悪いですよね~( ̄▽ ̄)。。。

2017823hitori5

ちなみにタナゴリさんはもっとかっこ悪いです(^。^)y-.。o○。。

そんな感じで、なんとなく自分もツ抜けしたところで12時を回ったので釣り終了。。

2017823hitori6

今年もたくさんの鮎を釣る事が出来ました(*^^*)。。。

そして、鮎釣りの楽しみと言えば釣った魚を美味しく食べること!!去年初めて、しっかり炭火で焼いた鮎を食べましたが、マジでコレが美味い(>_<)。。。

必殺!たらい式アユ釣り装置を使い、じっくり炭火で焼くこと約2時間。。。

2017823hitori7

しっかりとインスタ映えする盛り付けもしてもらって↓↓アユの塩焼きの出来上がり(^O^)/。。。

2017823hitori8

余計な水分が落ち、頭の部分は自らの脂分でカラッと揚げたような状態になり、頭からガブッとそのまま美味しく頂けます。。家庭用のコンロじゃこうはならないですもんね~(^。^)y-.。o○。。綺麗な川の鮎ですからワタも絶品。。。

更に今回はコチラ↓鮎のから揚げも~(^。^)y-.。o○。。(→カラッと感を出すために二度揚げしてるそうです。)

2017823hitori9

更に更に↓絶品鮎そうめんも頂きました。。(→そうめんツユに、ほぐした塩焼き鮎を混ぜて頂きます。)

2017823hitori10

まさに絶品アユ尽くし(^0_0^)。。。

唯一、帰りの運転があるのでお酒が飲めないのが残念ではありましたが、とことん鮎を楽しむことが出来た一日でした。。

気が早いですが、また来年の「郡上アユをとことん楽しむ会」が楽しみです(*^。^*)。。。

BPトップページ

|

2017年8月 9日 (水)

午後から房総ダム湖。。

台風5号の進路が北寄りになった為か?それほど激しい風雨にはならなかった関東地方ではありましたが、早朝からの釣行は自粛し予定通り午後からフィールドに出掛ける事に。。。

とは言えやはり南風は強く、かなり暑いし、色々フィールドチョイスに迷った末に久々の房総ダム湖へ行くことに。。

ココは、シーズンの始まりと終わりのタイミングでガウラ青芳さんとよく行くフィールドなんですが、ハイシーズンのこの時季に来たのは久しぶりです。。だいたいこの時季は減水してて、昨日も御覧の通り↓ざっくり5メートルほどの減水状況。。。

2017809hitori_1

渡部釣り船のヘラボートもかなり下の方に係留されてましたね~。。

けど、ココをチョイスしたのは正解でした。。先ず何より沼系フィールドと違って木陰があってかなり暑さがしのげます。沼系フィールドだったらほぼほぼ木陰なんて無いですから夏のこの時季は大変です。。更に沼系フィールドだと強い風が吹きっさらしになりますが、ダムの場合は地形が入り組んでる為それほど風も苦になりません。。時折吹き抜ける風はむしろ心地よい位の感じでした(^。^)y-.。o○。。

2017809hitori_2

もう一つ楽チンなのは、これだけ減水してるとほぼノーストレスでオーバーヘッドキャストができる事。。ハングは、はるか上ですから気持ちよくキャスト出来ました。。

釣り開始は午後4時ちょい前位からで、目立つ倒木ポイントをチェックしながら上流を目指します。。

ちなみに、早い時間帯はチコタックルで反応を探ります。。(→今回は訳あって、旧サムスティックにAmb.2500Cの変則チコタックルを使用。)

程なく夏の風物詩?手のひらサイズのギルちゃんゲット(^_-)-☆。。。

2017809hitori_3

ヒットルアーは「BPミノー・チコ」。。ギル釣ったの久々なんで、何気に嬉しかったです。。。

その後、30センチにも満たない子バスちゃんも掛けたんですが、コレはランディング前にぽろっとバラシちゃい。。

その後、上流に行くにしたがって徐々に水色は悪くなっていく感じで↓橋の手前でUターン。。

2017809hitori_4

徐々に日も傾き始め、他のエリアと比べて水色の良い島周りの倒木エリアへ。。

コレが正解でした(*^。^*)。。。

自分からはちょっと離れた倒木ポイントでいきなりの激烈ボイル発生!!キャストできる距離ではなかったので眺めるしかなかったのは残念ですが、見るからにグッドサイズのボイルっぽくて期待感も高まります。。

ルアーは何が良いのか?チョイスに迷うところですが、ベイトを追っかけて食ってる感じでもないし、ココは限定発売したばかりのダブルチャーシュー・エキスパートを信じてキャストを繰り返します。。その間にも、対岸で単発ボイルがあったり、沖でボイルがあったりと、プチフィーバー状態(^O^)/。。。

そしてついにダブルチャーシューにもゴボッと吸い込み系ナイスバイト!からの強烈な引き( ̄ー ̄)。。。だもんで、一瞬そこそこいいサイズかと勘違いしちゃいましたが、上がってきたのは30センチ半ばから後半のアベレージサイズ。。

2017809hitori_5

いや~、、来て良かった~(*^。^*)。。。ホント、この一本で報われますよね~。。

更に更に、コレを釣ったほんの10分後くらいに、同じくダブルチャーシュー首振りからの、ただ引き中にゴボッとナイスバイト!!コレは多分竿先2~3メートルの所で出たんで自分もかなり焦ってたのもあったんですが、手元でガバババッっと跳ねられて、バラしちゃいました。残念(>_<)。。

明らかにさっき釣った魚より大きいサイズで、多分40センチの半ばくらいはあったと思いますが、これは完全なるヒーマンエラーでのバラシなのでしょうがないですな~・・・。

結果、3バイト2バラシ1キャッチと言う結果にはなりましたが、実質3時間の釣行としては上出来の内容だったと思います。。

来週はもうお盆だし、再来週は恒例の鮎釣りの予定が入ってるし、しばらくバス釣り行けそうにないので、ほんと昨日は結果が出て良かったです(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ 

|

2017年7月26日 (水)

突っ込みどころ満載の初フィールド。。

ハイ!予定通り行ってきました、、南信のダム湖。。。

2017726hitori1

このフィールドはしっかりとスロープが完備されており、しかも6月~9月の間は我々釣り人に開放されているという、なんともありがたいダム湖でして、ココでガイドサービスをしてる方もいる南信エリアではそこそこ有名なフィールドなんです。。

では、なぜそんなフィールドで釣りをしよう!と言う話になったかと言いますと、発売が間近となっているコラボアイテム、通称「ダブルチャーシュー・エキスパート」を発売するタイムネスポップストアーのオグ氏ことオニシコリ君とWOWケイジロウ君とその他愉快な仲間達と釣りをするため(^_-)-☆。。。

ちなみに今回はこのフィールドまでは自分一人で運転の為、無理せず昼に合流するというスケジュールで東京を朝の6時に出発し、9時半ごろに現場到着。。。

その段階で、朝マズメから釣りをしてバスをキャッチしてたのは唯一オニシコリ君一人のみ。。。

コチラ↓地元釣れ筋鉄板ルアー、ゼログラビティーのライディーンで37センチ??だったっけ。。

2017726hitori2

まあ、なかなか厳しい状況のようですが、、良い感じで雨がポツポツと降り出したところでフィッシングスタート(^◇^)。。。

2017726hitori3

自分は、オニシコリ君を前に乗せジョンボートで出船したんですが、まあそのクソエレキが酷くって、4速と5速しか使えないという・・・。

で、、見た目的にも一番鉄板ポイントだろうとイメージ出来るインレットへ迷わず向かい、ナント!釣り開始開始5投目でロンザパUBがいきなり吸い込まれました(゜o゜)。。。これには自分もビックリしつつ、サイズもそれほど大きくなかったのでゲラゲラ笑いながらオニ巻きしてたら、、ジャンプ一発ランディング寸前でバラシちゃいました(T_T)。。残念。。。

結果的にはこれが相当痛かった。。。

とにかくこのフィールドはこれまで経験してきたフィールドとは全く違う特性を持ってるようで、これまで培ってきたセオリーが全く通用しないんです。。ここぞ!と言うポイントでは全く反応が無く、B級C級ポイントで不意に反応があると言う、全く読めない感じが実に歯がゆい。。アクションもなにも、反応があるのは着水ポーズの時がほとんど。。しかも乗らないし、バラすし、、みんなで大苦戦・・・。

と言う事で、一旦スロープに戻って作戦会議と言う名のダベリング。。。

2017726hitori4

2017726hitori5

唯一このフィールドに何度か釣りをしに来たことがある味噌スープさんの話を聞いても、「基本、訳が分からないフィールドです。。」との事なんですが、コツがあるとすれば、やはり着水ポーズは長目でバイトに備えろ!と言う事らしい。。

その甲斐あってか、釣り再開後には何気にみんなポツポツとバスを手にし始めます。。

まずはコチラ↓WOWケイジロウ君はニジマスカラーのザッパーで。。

2017726hitori7_2

体重120キロの巨漢アングラー↓モロ・モロズミ君もスゥィーパーで。。

2017726hitori8_2

魚が小さく見えますが、、35センチっくらいあるとの事。。あと、ライジャケ着けてないように見えますが、お腹の肉に隠れて見えないだけなのでアシカラズm(__)m。。。

もちろんコチラ↓味噌スープさんも鉄板ルアーのライディーンで1本。。

2017726hitori9

更に、、オニシコリ君もBP×津波ルアーズ20thコラボのマイティーアロージーニョDPスニップトーンで1本追加。。。コレも完全にB級ポイントでのポーズ中にゴボッと喰ってきました。

2017726hitori6_2

ハイ、自分、、完全に取り残されました(T_T)。。。

ヤバイです。。ノーフィッシュだけは避けたい状況ではありますが、その後ファットザッパーやダブルチャーシューエキスパートでバイトを貰うも乗せられなかったりバラしたりの連続でなかなかキャッチできず(>_<)。。。

なんでしょう、文章で書いてるとそんなに伝わってないと思いますが、とにかく読めないフィールドなんですよね~。。。ダム湖特有の激しいアクションなんてもってのほかで、ユルユルしょぼしょぼアクションじゃないと魚は反応してくれないし、なんかバスが掛かってもサクッとバレるんですよね~。。

でも大丈夫(^_-)-☆ここまでの苦労は最後の価値ある一本までの序章なんだ!と言い聞かせ、ただひたすらキャストを繰り返します。。

そしてやっとの思いで手にした細身のジャスト40センチは、結果的にはこの日一番のサイズで決着!!

2017726hitori10

しかもルアーは一番結果を出したかったダブルチャーシューエキスパート(^O^)/。。。

けど、この魚も変な感じで釣れたんですよね~。。エレキがクソなんで、立ち木奥にキャストした後操船にてこずって慌てて立ち木を回避した後(→この時ルアーは立ち木の近くに放置状態)、船の位置を立て直してルアーを回収しようとリールを巻き始めた時に不意にゴボッとバスが出て、勝手に掛かってました。。。だから、自分も同船してたオニシコリ君もバイトの瞬間はいっさい目にしてません。。

笑っちゃいますよね~ホント。。釣りって分からないですな~(^。^)y-.。o○。。。

やる気満々でキャストして、今か今かとバイトの瞬間を待ってる時は出なくって、そんな訳の分からないタイミングで出ちゃって、しかも釣れちゃうとは・・・。

まあ、、結果オーライ(^_-)-☆。。。

それぞれ(実は一人を除く)結果も出したし、突っ込みどころ満載の楽しいプチ遠征釣行となりました。。

最後に、ダブルチャーシュー・エキスパートの発売もお楽しみに(^O^)/。。。このルアー、ホント使い易くて釣れるルアーですから。。

BPトップページ

|

2017年7月19日 (水)

ファット・ザッパーで3連発。。。

行ってきました、ルアー初心者と霞水系へ。。

ちなみに今回足を運んだのは霞水系N田奈川。。。本湖の水が綺麗すぎて、更に水位も低めのままだったので、さてさて何処へ行こうか??と悩んでたところ、ご近所アングラー水野さんから前日の釣れ釣れ情報が入ったので、、じゃそれに乗っかりましょう(*^。^*)って事で、ココをチョイスしました。。

けど、自分このN田奈川とはイマイチ相性が良くないんですよね~。。印象的な魚を釣った事が無いし、何よりここは水が汚い印象で、どちらかと言うと敬遠してたフィールドなんです。。(→実際昨日も、アクが浮いててメチャ汚かったです・・・。)

案の定と言うかなんと言うか、朝イチのプライムタイムは反応なし。。

2017719hitori_2

ルアー初心者の勇人君は、今回初めてベイトリールをキャストすると言う事で悪戦苦闘する事を覚悟してたんですけど、、コレがなかなか筋が良くって、直ぐにそこそこキャストできるようになっちゃいました。。

もちろん狙ったところにキャスト出来るのは10投に1回くらいの確率ですが、ツボにハマれば釣れる雰囲気ムンムン(*^^*)。。そして開始1時間後位には待望の初バイトも貰いましたが、残念ながら乗せられず。。。

そうこうしてたら、自分がキャストしてたファット・ザッパーにコチラ↓可愛子ちゃんが食い付いてきました。。

2017719hitori_6

そして更にコチラ↓コレまたファットザッパーで2本目の小バスちゃん。。。

2017719hitori_7

やっぱり、なんか相性良くないんですよね~(^。^)y-.。o○。。結果が出たのはもちろん嬉しいんですけど、サイズが伸びない・・・。

すると、、、ご一緒してたご近所アングラー水野さんが、貸し出してたファット・ザッパーで45センチクラスのナイスバスをキャッチ(^_-)-☆。。

2017719hitori_1

やっぱり乗ってる男は違いますね~(^。^)y-.。o○。。

って事で、二人でファット・ザッパー三連発達成。。。やっぱりこのルアーは、とりわけ沼系フィールドではいい仕事してくれます。。このルアーの特徴はなかなか伝えずらいんですが、とにかくバランス感がいいんです。言ってしまえば、その名の通りザッパーをファットにしただけなんですけど、初心者でも扱い易いルアーに仕上がっております。使い易いウェイト感でキャストし易いし、ピンポイントでの首振りも大の得意技。。もちろんだた引き時の△穴ペラカリカリサウンドはザッパー譲りで間違いなし。。もうコレは、使って頂かないことにはその良さは分からないでしょうね~(-。-)y-゜゜゜

で、、ルアー釣り初体験の勇人君はと言うと、追加でもう1バイト貰うもこれまた乗せられず。。。時折、奇跡的なナイスキャストを繰り出すも、そういう時に限って喰ってきてくれないと言う。。まったく、N田奈川のバスは空気を読んでくれません。。。

陽も上がって風が出始め、パドリングのみで釣りをしてた水野さんが操船地獄に陥ってたので、自分のカヌーと連結して変則三結フィッシング。。。

2017719hitori_3

その後、水野さんが多分雷魚であろう激烈バイトを貰うもこれまた乗せられず、、バス釣りの部終了。。

結果的には、ルアー釣り初心者の勇人君にバスを釣ってもらう事が出来ませんでした。。2バイト貰ったのに、、残念(>_<)。。。やっぱり、初心者アングラーに魚を釣らせるのって難しいですね~。。

ココで、水野さんは一旦仕事に帰り、、自分と勇人君でタナゴ釣りの部スタート(^◇^)。。

はいコチラ↓タナゴちゃんは裏切りません。。

2017719hitori_4

結局、今年生まれたばかりの新子のタイリクバラタナゴしか釣れませんでしたが、日本が誇る世界最小の釣り「タナゴ釣り」はしっかりと堪能してもらえました。。

2017719hitori_5

タナゴ釣りも、区切りよくツ抜けしたところで終了。。。

気温も上がって、午後からは天気が荒れるとの予報が出てたので、、サクッと帰ってきました。。ご存知の通り、昨日は関東各地で大荒れの天気になりましたから、早上がりして正解でしたね(*^。^*)。。。

ところで、、、

昨日の釣行でも大活躍し、本来ならこの7月末に発売する予定だった「ファット・ザッパー」ですが、スケジュールが大幅に遅れてしまってます。。初めての成型工場でブランクを作っての製品化ですから、何かと予定通りに話が進みません。。

2017719hitori_8

ホント、まさに今が旬のこの時季にリリースして、いち早く多くの人に使ってもらいたいんですけどね~(^。^)y-.。o○。。

と言う事で一カ月先送りと言う事ではなく、準備が出来次第、8月のどこかのタイミングで発売が開始できればと考えておりますので、、もうしばらくお待ちくださいm(__)m。。。

BPトップページ

|

2017年7月12日 (水)

二週間ぶりの霞本湖。。

ハイ。昨日は予定通りグロデベのエイシン君と霞本湖へ。。。

しかし、スタートからつまづきます・・・。

エイシン君、車が無いとの事なので自宅まで迎えに行って、さあ霞へ出発!高速へはどうやって乗ればいいの?と聞くと「良く分からない・・・。」との返事。。。おいおいエイシンボーイ!しっかりしてくれよ~(>_<)。。で、スムーズに高速にアクセスする事が出来ず約20~30分のタイムロス。。

結局フィールドに到着したのは辺りがすっかり明るくなってしまった後で、プライムタイムには間に合わず(T_T)。。この時季の朝のプライムタイムは重要ですからね~。。。頼むよ!エイシンボーイ!!

って事で↓すっかり明るくなってから湖上のヒトに。。。

2017712hitori_2

しかも、この日の霞本湖麻生エリアはとにかく水質が綺麗すぎて、水位も低いままだったので岸際は底が丸見え状態。。なんてこった(>_<)。。。

2017712hitori_3

沼系フィールドはやっぱりそれなりに濁ってなきゃダメなんです。。

なのに、なぜかご機嫌のエイシンボーイ。。。

2017712hitori_1

事の重要さに全く気が付いてない様子・・・。

しばらくして、自分がキャストしてたファット・ザッパーに多分雷魚であろう激烈バイトを貰うも乗せられず。。エイシンボーイにも、コレまた雷魚バイトであろう反応を貰うも、やはり乗せられず。。。午前8時を過ぎるまでバスらしき反応は全く無し。

2017712hitori_5

南風はどんどん強くなってくるし、真夏並みの日差しが照り付け、、正直かなり悲観的な状況に。。。

半ば諦め気味の状況の中、エイシン君の作ってる「グロデベ」ルアーの数々を試し投げさせてもらう事に。。そしたら、あっけなく↑写真の実績ポイントで本湖バス釣れちゃいました。。ガバっとナイスバイトで喰ってきたのは↓40センチクラスのナイスバス(^_-)-☆。。。

2017712hitori_4

いや~、、ほんとビックリですね~(^。^)y-.。o○。。多分、このルアー「コブラツイスト」をキャストし始めて、4~5投での出来事でしたから、、二人で大喜び。。

他にもいろんなルアーを投げさせてもらったけど、それぞれ特徴があって面白いルアーばかりでしたね~。。。と言う事で、次回生産分からバスポンドでも取り扱いを開始する事になると思いますので、グロデベルアーよろしくお願いしますm(__)m。。。

ところで、、そんなエイシンボーイは道路音痴なだけでなく自他ともに認める運動音痴でもあるみたいでして、、キャスト精度もイマイチ。。ロッドにルアーウェイトを乗せてキャストする基本的な動作が分かってなかったようで「BP松井の猛烈キャスト指導」でかなり時間をかけてキャストのイロハを叩き込み、最終的にはどうにかカタチになったのではないかと思います。。。

がしかし、、その後雷魚バイトをもう一発貰ったものの、バスからの音沙汰は無く、午前の部終了。。。

その後、昼御飯を挟んで、タナゴ釣りも楽しみましたよ~(^。^)y-.。o○。。

2017712hitori_6

暑すぎて、良いポイントを見つけられずちょっと苦戦しましたが、エイシンボーイの初タナゴ釣りの方は無事ミッションコンプリート。。。

2017712hitori_7

なかなか数が伸びませんでしたが、汗だくでタナゴ釣りを楽しんでましたね~。。

ココで、、暑すぎるし南風も強烈に吹き始めたので、夕マズメを待つことなくとっとと東京へ帰ってきました。。

夜にはワンコ仲間のお店で一杯。。

2017712hitori_9

2017712hitori_8

いや~、、昨日の休みも目いっぱい体力の限界まで遊ばせてもらいました。。。

また来週の釣りが楽しみです(*^。^*)。。

けど、ちょっと暑すぎますね・・・。

このまま関東は梅雨明けしちゃうんじゃないかな~。。。

BPトップページ

|

2017年7月 9日 (日)

一泊二日の弾丸琵琶湖イベント。。

はい、行ってきました!そして帰ってきました、、琵琶湖から。。。

いや~、、走った走った、飲んだ飲んだ、そして釣りもちょっとだけ(^。^)y-.。o○。。

先ずは昨日午後2時過ぎに東京を出発し、約5時間かけて琵琶湖の「おかもと荘」へ。。その段階でもう宴会は始まっており、参加者の皆さんは既にほぼ出来上がっておりました。。。

2017709hitori_1

写真でざっくりと参加者の面々。。。

2017709hitori_3 2017709hitori_2

釣りにはそんなに行ってないけど、一番日焼けしてるガウラ八木さんに、すっかりパパ顔になった?津波元木さん。。奥には、クローラ井上さん、トップブリッジのザキ君。。

2017709hitori_4 2017709hitori_6

ストック濱ちゃんに、アカシ君、オウルにヨツバルアー。。ブライトリバーの藤原氏に北井くん、そして2tone福間君。。

2017709hitori_5

締めは、、汚い顔のサウスハンド田中氏。。

その他にもイソノファクトリーの磯さんや、レスイズモアの光記ちゃん、写真に写ってないけどガウラ青芳さんなどなど。。。

まあ、酒の席だからこそ話せる事も色々ありますから、、とても貴重な時間となりましたね~(^。^)y-.。o○。。

自分は、翌日の釣りに体力を温存すべく10時過ぎには風呂入って寝ちゃいましたが、遅かった人は夜中の2時過ぎまで語り合っていたとの事。。

そして、あっという間に起床時間の午前3時半。。最後まで飲んでた面子はご覧の通り↓雑魚寝スタイル。。。

2017709hitori_7

それでもやはりみんな釣り人ですから、、ちゃんとここから動き出して釣りに出掛けましたよ~。。。

さてさて!今回同船させてもらったのは、、一緒に釣りをすると釣れない率100%のサウスハンドのタナやん(T_T)。。。

2017709hitori_8

既にタナやんの仲間の先行部隊が赤野井沖で爆釣してる!!との事で、ルアーをキャストしつつも急いで沖の現場へ向かいますが、、そして激熱ポイントに着くや否や、バスボートの大船団が動き始めて、、激熱ポイント終了(>_<)。。。なんでも、今日は何かの大会があったらしくとんでもない数のバスボートが一斉に動き始め、朝マズメのプライムタイムは台無しに。。

2017709hitori_9

仕方なく、しばし水上談義・・・。

と言う事で作戦変更し、沖の一文字テトラを打つ事に。。

ココで、、ダンカーでとんでもなくナイスなバイトを貰ったんですが、トリプルフックが2本ついてるルアーなのにもかかわらずフックアップせず(>_<)。。。いや~あれはデカかった。。残念。。。

その後、、例のハスが消失してしまった烏丸半島エリアのヒシモ帯で追加の2バイトをファットザッパープロトで貰うも、コレまた乗せられず・・・。

2017709hitori_10

最終的にはシャローのいきふんグンバツな葦際を打つも、、反応なし。。。

はい。終了です(-。-)y-゜゜゜。。。

コレで、、タナやんと同船すると釣れないジンクスは破る事が出来ませんでした。。

午前10時には、参加者一同米プラに集合してお昼ご飯&記念撮影をして解散(^O^)/。。。

2017709hitori_11

まあ~、、なかなか激動の二日間でしたね~。。。

行き帰りの車ではトップブリッジのザキ君と一緒だったので、遅れ遅れになってる20周年記念ルアーの事などじっくりとお話しする事も出来ました。。コチラは、、来たる9月の21周年記念セールくらいのタイミングで販売する方向で動いてもらう事になりましたので、、お楽しみに(^。^)y-.。o○。。

ちなみに、、、

参加者の釣果はと言うと、イソノファクトリーの磯さんが50アップをキャッチしたのを始め、確か?5~6人はバスをキャッチしてましたが、この二日間のドキュメントは次回発売号のトップ党で紹介されることになっておりますので、乞うご期待です!!

BPトップページ

|

2017年7月 5日 (水)

ガマが消えてただけじゃなく新事実も。。。

はい。行ってきました印旛中央排水路調査釣行。。。

ご一緒したのは、地元アングラーのシマシママン。。

2017705hitori1

そもそも今回の釣行、シマシママンから印旛中央排水路がなんだかおかしい!!一緒に検証しましょう!と言うお誘いがあったので即決行する事に。。。

7月2日のブログ記事でも書いた通り、中央排水路の代名詞とも言っていいガマ原が消えてしまっただけでなく、シマシママン曰く魚っ気も一気に薄くなってしまったとの事で、例年だったらこの時季になれば子バスの連発が期待できるはずなのに、今年は全くその気配が無いと。。。

それが、本当に不思議なもので去年まであれだけあったガマが実際に99%消失してました。。コレは、ソウギョが食べたとかカメが食べたというレベルじゃありません。。。根こそぎ消失です。。

2017705hitori2

なので、去年までと違ってひたすら単調な葦際が続きます。。

2017705hitori3

去年まではこの葦際からガマが不規則に張り出し、沖に向かってガマ原を形成してたので、釣りをするうえでは良い変化になっていたんですが、それが全く無し(>_<)。。。ガマに絡めてルアーをキャストしアクションするという、これまでの攻め方が通用しません。。

2017705hitori4

そしてさらに衝撃の事実を突き止めました。。

冬場の人為的減水が引き起こしてたのは、なんと!ガマ原の消失だけじゃなかったのです。。。

コレは途中お話しした地元アングラーから聞いた話なんですが、極端に水位を落としたことによってそこに棲む魚はカワウの脅威に晒されてしまい、冬場にはたくさんのカワウが飛来し、相当数のバスが食べられてしまったとの事。。

そりゃカワウも効率を考えて条件の良い所に餌場を求める訳で、冬場の人為的減水がカワウの大漁飛来を引き起こしたのは容易に想像がつきます。。

だから30センチ以下サイズのいわゆる小バスの数が激減し、残っている個体は数少ない大きなバスだけになってしまったのではないかと考えられます。。事実、今年シマシママンが釣った数少ないバスは2匹とも45センチを超える個体で、今思い返すとそのうちの1匹にはカワウに攻撃されたであろう傷跡もあったとか。。。

2017705hitori5

そんなこんなで、曇り空の好条件の中、日の出から午前中いっぱい二人で真剣にキャストし続けましたが全く反応なし。。完全無欠のノーバイト。。。

もちろん調査釣行ですから、チコサイズのルアーも使いましたし、、最後はチコサイズのクランクベイトまで使ってみましたがそれでも一切反応なし。。数年前なら、チコサイズのクランクなんか使ったら数投で小バスが釣れたのに、本当にそのサイズのバスが居なくなってしまったんでしょうね~(-。-)y-゜゜゜

2017705hitori6

と言う事で、印旛中央排水路調査釣行終了。。。

圧倒的にバスの個体数も減り、ほぼガマが消失してしまったフィールドになってしまいましたが、それでも一発大物を狙って勝負をしたい!ってヒトは覚悟を決めてトライするのもいいかも(^。^)y-.。o○。。。

そして昨日は午後からもう一つイベントがありまして、、

夕方の4時からこんなレアな面子で↓人気のヤキトン店で飲み(*´ω`*)。。

2017705hitori7

そりゃもう濃い~面子ですから、あんな話やこんな話、、色々と面白かったですね~。。。

そしてコチラ↓戦利品??

2017705hitori8

ジャンクフードの椎名君から貰ったイチモンジタナゴのWOOD BAIT製キーホルダーと、グロデベのサンプルルアー。。

グロデベのエイシン君とは初顔合わせだったんですが、なかなかのヤル気を感じましたので、、さっそく来週の火曜日には釣りもご一緒する事になりました。。そこでこれ等のサンプルルアーも使わせてもらって、自分なりに納得したらグロデベルアーもお店で取り扱う事になるかと思います。。。

お楽しみに(^。^)y-.。o○。。。

BPトップページ

|

2017年6月28日 (水)

本湖クオリティーバス頂きました。。

昨日は予定通り久々の霞本湖へ。。

しかも今回は地元アングラーSさんにご案内してもらって、カヤックで浮くのはお初ポイントでの釣行。。土浦から程近いこのポイントは、これまで車で通過したりタナゴ釣りでこのエリアに来たこともあって「葦も多いし良いエリアだな~。。」と漠然と思ってはいたんですが、やっと実現しました。。

早朝、日の出直後からフィールドには恵みの?雨。。ただ、雨の日用の防水ハットを持って行くのを忘れて、いつものストローハットで釣りをしてましたのでハットの下は何気にビチョビチョ(>_<)。。。

2017628hitori_1

釣り開始早々に、Sさん曰くの鉄板ポイントで幸先よくファーストバイトを貰うも乗せられず。。。

それで負の引き金を引いてしまったのか?その後もバイトは貰えど乗せられずが続きます。。なんでしょう、アフターから回復してないバスのショートバイトって事なんでしょうか・・・。

そうこうしてると、次第に雨は上がり曇天の絶好の雰囲気に。。

2017628hitori_6

いつも行ってる行方エリアと比べて水深も深めなので、未だ減水傾向ながら期待がもてます。。

まあしかし負の連鎖って恐ろしいですよね~。。雷魚らしきバイトも含めて反応は良いペースであるものの、出ても乗らないし、掛けたらばバラすと言う体たらく・・・。

そんなタイミングで、Sさんがザッパーでこの日一本目のバスをキャッチ。。

2017628hitori_2

やはりアフター気味のちょっとスリムなバスでしたが、Sさんお気に入りのフェバリットポイントで、さすがの一本。。オメデトさんです(^O^)/。。。

そしてバイトを貰い続けるも、バスをキャッチすることなく時は流れ続け、やっと9時過ぎにその時はやってきました。。

先日、ウオヤ受注会で用意した久々発売の「キール・マチック」で本湖クオリティーの40アップ頂きました(^_-)-☆。。。

2017628hitori_3

このルアーは、同じダブルスイッシャーのザッパーと比べるとちょっとマイナーな存在のアイテムではありますが、ベースになってるキールヘッドのポテンシャルを殺すことなく△穴丸小ペラでプラスアピールする事が出来る、なかなか使えるアイテムなんですよ~(*^。^*)。。ウェイト的にも3/4オンスちょっとありますし、ダイレクトタックルでもストレスなくキャストできます。

2017628hitori_5

ところで、Sさんに撮ってもらった写真、、残念ながら何気に全部尻尾が切れてます・・・。写真を撮るのが苦手なようで、残念(>_<)。。(→そんなにメモリアルな魚じゃないので問題ないですけどね。。)

そんな、ブリッとナイスコンディションな本湖クオリティーバスちゃんのお口の中を覗いてみると、テナガエビちゃんのヒゲとハサミがチョロっとはみ出してました。。

2017628hitori_4

やっぱりこの時季のバスはテナガエビを喰ってるんですね~(^。^)y-.。o○。。

そんなベイトとなっているテナガエビそっくりのルアーと言うとワームくらいしかパッと思いつきませんが、必ずしもルアーその物は似てなくともテナガエビをイメージしたアクションをする事は何気に重要かと思います。。。

そして10時過ぎ、、天気が徐々に回復し薄日が差し始めたくらいのタイミングで、またしても事件が起こりました。。

何かと外道運?が良い2017シーズンではありますが、今度はバケモノ級の雷魚がファットザッパーのプロトに猛アタック!からの運良く?悪く??がっちりフッキング。。自分もコレまでそこそこ大きな雷魚釣ってますけど、パッと見でメーターに迫る超ド級のバケモノ雷魚のパワーは半端なく、、一瞬にしてカヤックを引っ張られ、焦ってその動きを止めようと強めの親指ドラグで対処しようとしたら、力を入れすぎて、親指をスプール奥に引き込まれラインロック、、からのあえなく25ポンドのショックリーダーラインブレイク(>_<)。。。ホント一瞬の出来事でした。。

このパターンでラインブレイクした事は過去にも何度かありますが、ダイレクトユーザーの皆さんは気を付けてくださいね~。。こんな感じで↓親指が引き込まれるとラインロックして25ポンドクラスのリーダーでも一瞬でやられちゃいますから・・・。

2017628hitori_7

しかも、爪の根っこのところがめっちゃ痛いです。。。

しかしまあ、外道とは言え、、あのバケモノクラスの雷魚は獲っておきたかったですね~(^。^)y-.。o○。。

それより何より、ルアーを口に付けたままの雷魚がその後無事にルアーを外してくれることを願うばかりです。。本当に申し訳ない(>_<)、自分のミスでラインブレイクしちゃって、反省してますm(__)m。。。

と言う事で、霞水系でルアーネームの入ってないプロトモデルのファット・ザッパー(アマゴカラー)を見つけたヒトはご連絡ください。。代わりに、お礼のルアー差し上げますから(^^ゞ。。。

ってな感じで、、、早朝4時から釣り続けること約7時間。。ぶっ続けでキャストし続け、都合10バイト以上貰いましたが、結局手にしたのはこのバス1本。。。なかなか難しいですね~。。。

で、やり切った感満載で、とっとと昼過ぎには東京へ帰ってきましたとさ。。

チャンチャン。。。(午後から釣りを続ける体力は残ってませんでした・・・。)

BPトップページ

|

2017年6月14日 (水)

写真で綴る琵琶湖~四国遠征釣行。。

いや~、、今年も楽しい遠征釣行となり、昨日無事に東京に帰ってきました。

と言う事で、ちょっと長くはなりますが写真とともにざっと四日間の釣行を振り返りたいと思います。

先ずは6月9日(金)初日。。東京を夜中の1時過ぎに出発し琵琶湖へ向かいます。

2017614hitori1

バス釣りをする前に、恒例のタナゴ釣りは徐々に仲間が増えていく中、ポイント移動を繰り返し旬なポイントを探ります。

コレ注目↓シュンスケ君のタナゴ仕掛けはご覧の通り、ナント!親ウキがエキスパートになってるではないですか(^。^)y-.。o○。。誰かに作ってもらったとの事ですが、見事なプロペラ仕掛けになってますね~。。

2017614hitori2

そして、3~4か所回った所のポイントが大正解で、ヤリタナゴメインにアブラボテなどたくさんのタナゴちゃん達を釣る事が出来ました(*^^*)。。

既に婚姻色は落ち始めてましたが、コチラ↓イケメンタナゴを並べて写真撮ってみました。

2017614hitori4

琵琶湖水系のヤリタナゴらしい「銀鱗ヤリタナゴ」の特徴が出てますね~。。

その後、みんなで道の駅へ行って昼ごはん。。そこでお決まりのコレ↓。。。

2017614hitori5

午後からもタナゴを探しつつ、今回バス釣りをする予定のフィールド「伊庭内湖」へ。。

3時半を過ぎた頃からカヤック6艇でバス釣り開始。。。

そしてナント!!釣り開始約10分後にダンカー・マグナム脚仕様で45センチに迫るナイスバスをキャッチ(^_-)-☆。。

2017614hitori6

続いてコチラ↓シュンスケ君、例の通称「ダブルチャーシュー・エキスパート」でブリッとナイスコンディションの47センチゲット。。。

2017614hitori7

このダブルチャーシュー・エキスパートはマジでいい動きしてて、シュンスケ君も凄く気に入ってましたね~。。まあしかし、この時彼は自分と話ししててこっち向いてたので、バイトシーンは全然見てませんでした( ̄▽ ̄)。。。まあ、そんなもんです。。

もちろんコチラ↓ロッキー君も必殺「ザッパー・ミチコ」で計3本、最大40センチクラスの魚をキャッチしてましたね~。。

2017614hitori8

その後、自分もシュンスケ君もバイトを貰うも乗せられなかったりバラしたりで、追加できず終了。。とは言え大満足のスタートを切る事が出来ました(*^^*)。。。

釣りを終えた後みんなでラーメンを食べて、そのまま四国は香川へ直行!日付変わる頃にはいつもの健康ランドに到着し、風呂に入って仮眠を取って、、あっという間に二日目の朝を迎えます。。

そしてもちろん!香川と言えば讃岐うどん、って事で朝うどんかまします。。これまたいつもの↓空海房へ。。

2017614hitori9

自分は、冷かけに竹輪とゲソの天婦羅をチョイス(^_-)-☆。。

2017614hitori10

やっぱりおいしいですよね~、讃岐うどんは。。お値段も安いし、文句なしでしょ。。。

お腹を満たした後は、我々にとっての聖地巡礼!!って事で、これまたいつものダム湖へ。。4~5年前にピークを迎えいい釣りをしたフィールドではありますが、今では全くその面影はなくここ2~3年は厳しい状況が続いてますが、ここに来ないと始まりませんからね~。。

2017614hitori11_2

で、案の定というかなんと言うか、、全く何事も起こらず昼過ぎには終了。。

ちょっと時間があったので一ヶ所野池にも入りましたが、ここでもワンバイト貰っただけでキャッチには至らず、遠征二日目は誰一人バスの顔を拝むことなく、サクッと早目にいつものコテージへ。。。

2017614hitori12

遠征釣行はガツガツ釣りをするばかりが楽しみじゃありません!!

楽しい仲間とマッタリとした時間を過ごし、酒を飲み続け、、あっという間に辺りは真っ暗に。。

そしたら、今年は雨が少ないのがプラスに働いたのか?ホタルがほんとたくさん飛んでて、隣のコテージに来てた家族連れと一緒に、ホタル観察をしたりしつつ、あっという間に夜が更けていきました。。

2017614hitori13

移動の疲れもあったので、この日は早く寝て、しっかりと7~8時間は寝たんじゃないかな~(^。^)y-.。o○。。

そして清々しい朝を迎え、今度はズキューンと高知のダム湖へ大移動。。

はいコチラ↓ジャイアント・エキスパート動画でお馴染みコバ~~~ンのお膝元ホームダム湖。。自分たちがフィールドに到着した正午のタイミングで、それまで降ってた雨も止んでいい感じのフィールド状況に。。。

2017614hitori14

まあしかし、アフターのなかなか厳しい状況だったみたいで、、意外と大苦戦。。コバ~~~ンのジャイアント・エキスパートも火を噴くことなく、ただただ時間が過ぎていきます。。

自分は、キールポップ・マグナム脚仕様とダブルチャーシュー・エキスパートでバイトを貰いフックアップするも、共にバラシ。。。夕マズメに良いのが釣れればいいや!って思ってたら、プライムタイムには何事も起こることなく、あっけなく終了。。

結局、この日合流したYスタ野村さんが48センチのナイスバスをオリカラ&オリジナル仕様のロングザッパーで釣ったのと、ロッキー君が安定のザッパー・ミチコで1本キャッチしたのみ。。

2017614hitori15 2017614hitori16

コバ~~ン曰く、、こんな釣れない○○ダム初めてだ!!という、去年も聞いた様なセリフを吐く始末。。。どうも高知フィールドとは相性が悪いようで・・・。

最後にみんなで記念撮影。。

2017614hitori17

そうそう、この日はゲドダイも来てましたが、、撃沈。。。

そして最終日は、香川に帰ってトーナメントなどもやってると言うメジャーなダム湖で釣りをする事に。。ココは、メジャーなフィールド故に魚もスレてて難しいとは言われてるものの、一発大物の可能性が高いと言う事で、迷わずチョイス。。

実はここ、4年前?に一度来てて、その時には50アップを手にしてる相性の良いフィールドでもあります。

この日は、これまた毎年恒例で彫ふみ君も合流し昼過ぎからスタートフィッシング。。

2017614hitori19

小ぶりなバスの姿は見えるものの、僕らが目指してるデカい奴の姿が見えません。。ルアーについてくるのは元気印の20センチクラスの小バスちゃん達ばかり(>_<)。。。

最初はマグナムサイズのルアーをメインに強気の釣りを展開するも、なかなか結果が出ず、、徐々にルアーもサイズダウン。。。

コバ~~~ン&ロッキー君はと言うと。。食べたらおいしそうなナマズちゃんと、やっぱり安定のザッパー・ミチコでオチビちゃんをキャッチしたのみ。。

2017614hitori20_2 2017614hitori21

自分はと言うと、、コチラ↓ゲロゲ~~ロ( ̄ー ̄)。。。

2017614hitori22

なんでもいいから釣りたかったので、狙って釣りました(^_-)-☆。。(→話題作り。)

そして徐々に日も傾き始め、プライムタイム突入。。

どうしても1本獲りたかったのでルアーもサイズダウンして、、弱気の?ダンカーにルアーチェンジ。。

そしてやっと手にしたのがコレ↓30センチクラスのオチビちゃん(T_T)。。。

2017614hitori23

僕らが狙ってるのはキミじゃないんです!!何のためにココまで来てるのか?!そう!デカいヤンチャな奴と出会うため(^。^)y-.。o○。。

って事で、ココで再び気持ちを入れ直し、男のマグナムBPミノー一本勝負!残り時間で一発大物を狙います。

そりゃもう、凄い使い方ですよ~(^。^)y-.。o○。。思いきり竿を煽って「ゴボ~ン!!」と大きな音(捕食音)を出して、それはもうレンガくらいの大きさの石を水に投げた時の様な音で、、難攻不落のデカバスのスイッチを入れる作戦です。。。大きな音で誘った後は、ゆっくり目のただ引きで竿先いっぱいまで我慢強く巻き続けます。。この作戦、、讃岐のKaiさんがココに通って得た唯一の一発大物捕獲パターンで、自分はその言葉を信じてキャストし、アクションし続けるのみ。。。

ロッキー&コバ~~~ン艇は既にボートをスロープに上げて片付けをし始めてましたが、我々二人は諦めることなく対岸へ渡ります。。しばらくの間Kaiさんは全くルアーをキャストせず、自分の釣りを100%サポートする体制で操船に専念してくれてますから、その気持ちにも答えたい(>_<)。。。

そして、、その時は唐突にやってきました。。

大きくロッドを煽りゴボンと音を出し、チャチャッとアクションした後ひたすら我慢のただ引きに移行し、竿先5メートルから、3メートル、2メートル、1メートルを切って、あと50センチ、、、そんなタイミングでコイツはたまらず激烈バイトしてきました。。

がっちりフッキング!!そして直ぐに下へ下へとぐいぐい強烈なパワーでロッドを絞ります。。SS-2Mマグナムタックルでリーダーは30ポンド、更にマグナムBPミノーには太軸のドスカクタスが装着されてますのでタックル的には十分。。また、先日シーバス85センチを釣ってその経験もあってか意外と余裕のやり取りができ、じっくり時間をかけてネットインしたのがコイツ↓ブリッとナイスコンディションの56センチ\(゜ロ\)(/ロ゜)/。。。

2017614hitori24

いや~、、ホント信じて投げ続けた結果です。。。56センチは、琵琶湖以外でのレコードフィッシュ(^_-)-☆。。最高です!!!

2017614hitori26

オマケに写真もう一枚!!

2017614hitori25

この魚はKaiさんと一緒に獲ったと言っていい嬉しい一本。。去年の遠征からずっと四国バスを手にしてませんでしたから、コレで一気に貯金を下ろしたって感じですね~(^。^)y-.。o○。。。

ほんと良かった、良かった。。。

フィールドに感謝、、そして関わってくれた皆に感謝。。

そして締めは、これまたお決まりの骨付き鶏「一鶴」でノンアルビールで乾杯(^_-)-☆。。

2017614hitori27

終わり良ければすべて良し!!最高の遠征釣行となりました。。。

この遠征旅で各地で関わった皆さんは、、なんと総勢18名!ゆっくりとお話しできなかった人も居たかと思いますが、本当にありがとうございました。。そんな皆さんのおかげもあって、本当に楽しい旅が出来ました。。。

また来年もヨロスクです(^O^)/。。。

BPトップページ

|

2017年6月 7日 (水)

どうにか一本。。。

今日は、バタバタしてて時間が押してるので簡単に釣果報告。。。

さっそくですが、予定通り行ってきました霞本湖。。

とりあえずファーストバイトでコチラ↓35センチ位のヤングな本湖バス頂きました(^_-)-☆。。。

2017607hitori_1

ヒットルアーは、ファットザッパーのプロトモデル。。スーパー護岸石組み側の竹が倒れ込んでる実績ポイントで、気持ちよく出てくれましたね~。。。何気にこの魚、今季初の本湖バスですから、コレは嬉しかったですね~(^。^)y-.。o○。。

ちなみに、相変わらず本湖の水位は減水傾向が続いております。。

2017607hitori_2

関東も梅雨入りした事だし、季節感通りの梅雨らしい雨が降って水位が回復する事を願うばかりです。。この水位だと、葦際の水深が30センチに満たない10~20センチ位だったりして、さすがにそれじゃバスが付かないですからね~。。

逆に水位が低い分、葦の生育は良いように感じます。

2017607hitori_3

水際の雰囲気はすっかり夏の様相になってきました(^_-)-☆。。

で、その後の釣果ですが、、バイトはあっても乗らなかったり、ムサコで2度食いしてきたのをジャンプ一発でバラしたりして、計5~6バイト貰ったんですが追加キャッチには至りませんでした。。ご一緒した土浦のSさんも3~4発バイト貰ってましたが、同じく乗せられず・・・。

なんでしょうね~。。霞のバス、喰うのが下手になりましたかね~(^。^)y-.。o○。。

まあ、個人的にはどうにかこうにか霞本湖バスを手にする事が出来たので良かったです。。

さて、、午後からの釣行はと言うと、急遽早く帰らなきゃいけなくなってしまったので、昼過ぎ真っ昼間に先々週マグナム長尾さんとご一緒した利根川水系小河川にサクッと寄ったんですが、、全くもって異常なし(>_<)。。。

2017607hitori_4

夕マズメの良い時間を待つことなく、泣きながら家に帰ってきました。。

なかなか、、甘くないですな~(^。^)y-.。o○。。

ところで、、昨日長い時間続けて新作のムサコを使ってて一つ気が付いたことがあるんですが、今日はもう時間が無いのでコレはまた明日報告いたします。。

簡単ですが今日はこれにて失礼しますm(__)m。。

BPトップページ

|