新商品情報

2023年1月26日 (木)

2023新作ルアーその二。。

先日ご紹介した2023新作ルアー「ハネスラ」と「UBダーター」と合わせてフィッシングショー大阪でお披露目する残りのルアーを2点、今日はご紹介させていただきます。

まずはコチラ↓まあ、新作という訳ではないですがレギュラーアイテムとして発売するのは初めてとなるルアー「ジョイント・ウッドフッカー」です。。

2023126hitori-1

これまでに、いわゆるスペシャル限定発売のルアーとしてイレギュラーにスポット発売してきたカタチでしたが、いよいよ今年はレギュラーアイテムとして発売します。

ジョイント化する事によって後ろ側のボディーは水中に沈み込むカタチになりますから、実は我々ヒトの耳に届く感覚だと地味なイメージになるんですが、、水中(水面直下)ではしっかりペラが回りブレードが揺らめき、確実にバスにアピールするカタチになりますし、ちょっと水面には出きらないバスをも魅了します。。更に、水中にボディーがある分乗りも良いというのがこのルアーの特徴と言っていいのではないでしょうか。。

地味にゆっくりとただ巻きしてると、不意にルアーがひったっくられ水中に消し込まれる、、そんなバイトシーンをぜひ体験していただきたいですね~(^。^)y-.。o○。。

続いてコチラ↓やはり新作という訳ではないですが、初めてホロラメベースのカラーリングを施した「ジャイアント・ザッパー」です。。

2023126hitori-2

ホロラメベースのアユカラーとニジマスカラーは実に艶めかしい仕上がりになりますからね~(#^.^#)。。

2023126hitori

個人的には2022シーズンの釣行でかなりの頻度で使い倒してきた中で、確実にデカい魚を引っ張ってくるパワーを秘めてることを実感したジャイアント・ザッパーですが、今シーズンもその可能性を追求し更なるデカバスを狙っていきたいですね~。。。

もちろんこの70グラム級のルアーをキャストするにはそれなりのタックルが必要になりますから、それが一つのハードルとなりますが、、ワンタックル用意しさえすれば間違いなく新しい世界が広がりますからね~(^。^)y-.。o○。。多分このクラスのルアーは最初はどうしても重いと感じると思いますが、ほんと慣れって不思議なものでして、、最終的にはしっかりとコントロールキャストだって出来るようになりますから。。。

って事で、是非マグナム&ジャイアント用ロッドとしてソリッドカーボンロッドの「SCJ-1」と合わせてご検討いただければと思います。。

尚、今回ご紹介してるカラーは共に魚矢スペシャルカラーで、ほぼ同じタイミングでレギュラーカラーも併せて発売する予定となっております。。

さてさて、、、

話変わって、火曜日のバーナビーと雪山動画を簡単編集し先ほどYOU TUBEにアップしました。。

新しい動画編集ソフト「Shot cut」の編集作業に慣れるという意味も含めて作った動画ですが、バーナビーとバーチャル雪山散歩をする感じでお楽しみいただければと思います。。

https://youtu.be/0R6ouhIvZkM

お時間ある時にでも是非(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

|

2023年1月23日 (月)

2023新作ルアーその一。。

いよいよ来週に迫ってきたフィッシングショー大阪に向けせっせと準備を進めている今日この頃。。

そして、そんな中から今日はNEWアイテム2種類をご紹介させていただきます。

まずはコチラ↓2022シーズン中からテストを重ねていた「ハネスラ」です。。

2023123hitori-1

2022シーズンに発売した「スラントミノー」の発展形とでも言いましょうか、要は羽モノのスラントミノーです。。

スラントミノーに関してはちょっと小難しいルアーで、かつ最低限のセルフチューニングが必要なルアーだったため誰にでもオススメできる類のルアーではありませんでしたから、この発想をベースに羽モノ化する事によって誰にでも扱いやすいヒラヒラ系のフラットサイド羽モノに進化させ、一つの新しいカタチとなりました。。結果的にはヒラヒラアクションだけじゃなくプラスαで羽のパタパタアクションも加わり、「ヒラヒラ&パタパタ」アクションを楽しむことができるルアーに生まれ変わりました。。。

弱った魚のごとく横斜め浮き姿勢から繰り出すアクションはまさに唯一無二(^_-)-☆。。使って楽しいルアーに仕上がっております。

個人的には、昨シーズン霞本湖で掛けバラシした推定50アップのリベンジをしっかりと果たしたいところですな~(^。^)y-.。o○。。

続いてはコチラ↓「UBダーター」です。。

2023123hitori-2

コチラもかなり前からテストしてるルアーなんですが、正直言って、、見た目・アクション共にちょっと地味な印象のルアーでして、結果的にこれまで発売するに至ってなかった訳なんですが、年々バスが釣りずらくなってる状況だからこそ!満を持して今こそ発売するべきルアーなんじゃないかと判断しました。。だって、なんとなく釣れちゃうルアーなんですよね~、、コレが(^。^)y-.。o○。。

ロッドアクションするとスッと水中にダートし、そのままリーリングすればミノー並みにしっかりと泳ぎますし、、ダイブからの浮き上がりではボディーを揺らしながらブレードもキラキラさせて効果的にバスを誘います(→まさにココが肝です)。。要は、ちょっと反則気味ではありますが水面直下で誘って食わせるタイプのダーターミノーとでも言ったらいいでしょうか。。。

尚、今回ご紹介してるカラーは共に魚矢スペシャルカラーで、ほぼ同じタイミングでレギュラーカラーも併せて発売する予定となっております。。

ご興味がある人はフィッシングショー大阪で現物をご覧いただけますので、ぜひ会場まで足を運んでいただければと思いますm(__)m。。

BPトップページ

|

2022年12月12日 (月)

2023シーズン発売予定ルアーその二。。

さっそくですが、来シーズン発売予定のルアーとしてほぼ間違いないのが「ジョイント・ウッドフッカー」です。。

コチラ↓過去にはBP×TPS×WOWコラボルアーとして作ったり、お正月のスペシャルルアーとして限定生産したりしてきましたが、、これまでレギュラーアイテムとして発売する事が無かったルアーなんです。。。

20221212hitori

ちなみに写真のBP×TPS×WOWコラボのウッドフッカーを作ったのが2015年シーズンですから、そこから考えても8年ぶりのリリースとなります。。

ジョイント化することによって、テール側のボディーは水中に沈むカタチの浮き姿勢となりますから、ヒト目線だと一見すると地味なテイストになるんですが、、実はしっかりと水中でペラが回って確実にアピールしますから、サカナ目線からすると意外とプラス効果になるのがジョイント物のダブルスイッシャーの魅力と言っていいでしょう。。

また、テール側のボディーが水中にある事によってフッキング率も上がると言う、一石二鳥の特徴もありますね~。。。

なので、これまでそんなに発売してないジョイント・ウッドフッカーではありますが、いわゆる一つの最後の切り札的ルアーとして一部で愛用頂いてるケースもあるようです。。。

そんなジョイント・ウッドフッカーを、2023シーズンには満を持して発売したいと考えております。。

お楽しみに(^。^)y-.。o○。。。

ところで、、、

超減水が続いてる三島湖ですが、、予定通りマイナス10メートル設定の工事工程は終わったようでしてコチラ↓房総ロッジさんのツイッターでも報告されてる通り、この先天気次第ではありますが、、徐々にマイナス8メートル水位まで回復していく事になりそうです。。

20221212hitori1

となると、コレは一週間空けた方が少なくとも水位が回復していいんじゃないか?!と考え、、来週の火曜日を今季最後の釣りにしようかと思っております。。

って事で、明日はバーナビーと雪遊びリベンジで雪山方面に行ってこようかと考えおてります。。。

明日にかけては山間部では雪が降るみたいですし、、今度こそ大丈夫じゃないかと(^^ゞ。。

で、沼田のとんかつロードでとんかつ喰ってきます!!

BPトップページ

|

2022年12月10日 (土)

持ちつ持たれつ。。

ご存知の通り、世の中あらゆるものが値上げ値上げで、やはりルアーパーツなんかも値上げ続きで、、現状の価格を維持する事も大変な感じになってきております。。

更に新しいパーツ等を作ろうとしたって型代なんかも爆上がりで、そんな先行投資は現実的に無理(>_<)。。。

でも大丈夫!そんな時はお互いさまで、持ちつ持たれつ仲間で助け合っていきましょう!って事で、ストックの濱ちゃんに連絡してパーツ提供してもらって、この厳しい状況を乗り越えて行きましょうと言う話になってコチラ↓先ずはマグチューやチンピラシリーズで定評のリップパーツを使わせて頂こうかと考えております。。

20221210hitori-1

コラボと言ってしまえばコラボなのか?分かりませんが、良い物はお互いに共有して使って行けばいい訳で、、持ちつ持たれつ今後逆にウチのパーツをストックさんが使う事もあるかもしれません。。。

で、さっそく装着してみたのがコチラ↓テールヘビーのジョイントライブリータイプのルアーです。。テールにはサマディーなどに使われている外部ウェイトが装着されております。。。

20221210hitori-2

テールヘビーになる事によって、浮き姿勢がちょっとくの字に折れ曲がってる感じになって、、個人的にはその辺がツボなんですよね~(^。^)y-.。o○。。(→もちろんキャスタビリティーもいいし。)

もちろん、今後製品化するにあたっては色々と調整しなきゃいけない事がいっぱい有りますが、どうにか2023シーズン中にはカタチにしたいと考えております。。。お楽しみにm(__)m。。

話変わって、、、

いや~っ、しかし昨日のクロアチアは凄かったですね~(^。^)y-.。o○。。

延長前半にネイマールに決められた時には終わったかな~って思ったけど、、全く死んでなかった。。。そこから同点に追いつき、得意の?PK戦で勝ち切ったのはまぐれではないでしょう。。とりわけ37歳のモドリッチの活躍たるや、、ネット上でもモドリッチ何人居るの?って言われるくらい攻守に顔を出して無尽蔵のスタミナで動き回ってて、、もう「どこでもモドリッチ!」状態でしたからね~。。。

まあしかし、そんなクロアチアもグループリーグでは1勝2分けでパッとしない感じだった訳で、、そんなクロアチアに火をつけ、勢いに乗ったのは紛れもなく日本戦だったんじゃないかと、自分は考えてます。。

それだけ日本もいい戦いをしたと言う事です。。。

負けないクロアチア!不屈の精神力で優勝有るんじゃないですかね~( ̄▽ ̄)。。

BPトップページ

|

2022年11月25日 (金)

2023シーズン生産予定のロッドは。。

来シーズンに向けて色々と準備を進めている今日この頃ですが、、今のところ生産する予定となっているロッドに関しての報告です。。。

来季はコチラ↓もう毎年恒例の発売となっている超定番ソリッドグラス製ロッドBPロッドS-3と、同じくソリッドグラス製のバットが四角いロッドBPロッドSS-1&SS-2を発売する予定となっております。。

20221125hitori-1

先ずS-3に関しては2016シーズンに生産したS-3クラッシック(クリスタルガイド仕様)を、通常のSicガイド仕様で再生産しようかと考えております。。(→写真は当時のモノですから、フェルールデザインは変更となります。)

確かに見た目は雰囲気があって素敵なクリスタルガイドですが、やはりその耐久性はSicガイドと比べると劣るものとなりますから、発売した時もある意味賛否両論ありまして、、じゃあスレッドデザインとかはほぼそのままにSicガイド仕様で出しましょう!って流れになった訳です。。。クラシカルなデザインで、かつ実用的なソリッドグラス製ロッドと言う事になりますかね~(^。^)y-.。o○。。

20221125hitori-2

続いてSS-1とSS-2ですが、SS-1に関しては2002年に発売して以来一度も生産してませんから、かなり久々の登場となります。バットが四角いと言う見た目の特徴はもちろんですが、それによりブランクのヨレを抑える効果も見込まれますからね~(^。^)y-.。o○。。

ちなみにSS-1はほぼS-3と同等のルアーレンジをカバーできるイメージとなりますが、SS-2はいわゆる2オンスクラスのマグナムサイズまでカバーできるパワーのあるブランクで、使い方によってはジャイアントサイズのルアーでも十分に対応できます。。

個人的には2017年の四国遠征釣行で、このBPロッドSS-2Mで、マグナムBPミノーで、、狙って手にしたコチラ↓56センチのバスは一生忘れられない思い出ですからね~(^。^)y-.。o○。。(→その時の釣行記時はコチラから。。)

2017614hitori24_20221125181801

安心のロッドパワーがありますし、決して折れないソリッドブランクですから、、このサイズのバスが掛かっても安心のやり取りが出来ました(#^.^#)。。。

まあソリッドグラスは確かに一昔前の素材で重いですけど、重い=デメリットではなく、、重いからこそマグナムクラスのルアーを快適にキャストし操る事が出来るという面もある事を忘れちゃいけません。。

発売はかなり先になりますが、お楽しみに(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

|

2022年11月 6日 (日)

2023シーズン発売予定ルアーその一。。

日々の釣りの中で、アレやコレやと今後発売するであろうプロトルアーを試してる訳ですが、そんな中から今日は2023シーズンにリリースするであろうルアーの一つをご紹介させて頂きます。。

コチラ↓まだ名前等は決まっておりませんが、アンダーブレード仕様のダータータイプのルアーです。

20221106hitori-1

実はこのルアーは、2015年にリリースした「トラペン」の裏モデルとでも言ったらいいでしょうか、、その時から色々なタイミングで使ってて、困った時に使うとサクッと魚を連れて来てくれるルアーなんです。。

コチラ↓トラペンとの比較画像。。(つまり表と裏ってこと。)

20221106hitori-2

トラペンが完全なトップウォーター(表モデル)なのに対し、このダータータイプのルアーは普通に潜りますし、分かり易い派手な音などを発しない地味な印象のルアーなのでこれまで長らく発売を見合わせてきましたが、、昨今のフィールド事情を考えるとまさに今こそタイミングなんじゃないかと判断した訳です(^。^)y-.。o○。。

長らくトップの釣りをしてるヒトであれば経験済みだとは思いますが、完全なトップだと反応が無い中ちょっとでも潜らせて水面直下にルアーを誘ったとたんにいきなり反応がある、、なんて事が多々ありますからね~。。。まあ、それを意図的に演出する為のルアーと言う訳です。。

中には潜らせたら反則でしょ!なんてイメージを持ってるヒトも居るかと思いますが、狙い通りダートさせて、水面直下でルアーがギュンっとひったくられる様もなかなかエキサイティングですから、、敢えて意図してそんな釣り方をしてみるのもいいんじゃないかと、個人的には考えております。。

だから、反則だなんて言わないでくださいね~(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

|

2022年10月17日 (月)

明日は三週間ぶりの河口湖へ。。

本音のところで言えば、先週良いのをバラシて未練がある霞本湖へ行きたかったんですが、、その後更に減水傾向が激しくなり葦際ゲームがほぼ成立しないであろう、、、って事で、明日は目先を変えて三週間ぶりの河口湖へ。。

9月の台風絡みのタイミングから一気に水位が上がり、一緒に水温も下がり、、ちょっとヒト段落感のあった河口湖ですが、いやいや!いったん水位&水温が落ち着けばもうワンチャンスあるんじゃないか!!と自分は考えておりまして、、事実、去年は霜がびっしり降りた11月2日の釣行で51センチを頭に40センチ絡みの計3本釣ってますから、今年もそろそろそんなタイミングなんじゃないかと(^^ゞ。。。

で、そんな明日は久々のマグナム&ジャイアントルアーも含めてオールサイズ総動員で勝負してきます。。そして、2022シーズンのトップウォーター灯を消さないという意味でも一発結果が欲しいところですね~(^。^)y-.。o○。。

20221017hitori-1

コレ↓ジャイアントザッパーと比べちゃうと、フルサイズオンスクラスのロングザッパーが小さく見えちゃいますな。。。

20221017hitori-2

さて、、、

そんな↓ロングザッパー△穴パドルブレードペラ仕様ですが、既に販売店さんに案内済みで、この週末前には発送する予定となっております。。既に、10月8日のブログ記事でも紹介してます通り、従来モデルのロングザッパーとはちょっとテイストが変わってますので、2022シーズン最後の切り札として1本いかがでしょう(^。^)y-.。o○。。

20221017hitori

一応、販売店さんからの予約受付けは19日(水)で一旦締め切り予定となっておりますので、いち早くご希望のカラーを手に入れたいと言うヒトは、最寄りのひいきにしてる販売店さんでご予約頂ければと思います。。

よろしくお願いしますm(__)m。。。

PS) 明日の釣行を控え、本日の営業は午後8時までの短縮時間営業とさせて頂きます。。アシカラズ。。。

BPトップページ

|

2022年10月 8日 (土)

ロングザッパー△穴パドルブレードペラ仕様。。

ちょっとスケジュール的に遅くなりましたが、今月の半ば過ぎ位のタイミングで「ロングザッパー△穴パドルブレードペラ仕様」を発売する事が出来そうです。。

コチラ↓過去に発売した人気色からチョイスした全4色での発売となります。。。

20221008hitori

通常の△穴ペラ仕様との違いに関しては、既に9月2日のブログ記事でも紹介しておりますが、、、

なんと言ってもその特徴はペラが左右非対称の長さになっている事。コレによってペラが回転する事によってボディーが微妙に揺れ、ただ引き時のアピールにプラスαの要素が加わります。。。

また、細かい事ですがBPベイトの代表的なルアー(ザッパーとかフッカーとかチョッカーとか)に使われているオリジナル△穴ペラとは△穴の切り方が異なっており、ポーズ時にはペラが立ち気味になることが多くなり、首振りのキッカケ作りがよりイージーになります。(→強い首振りよりも弱い首振りが得意になります。)

20221008hitori1

まあそんな感じで、、オリジナルのロングザッパー、ロングザッパーUB(アンダーブレード)、ロングザッパー△穴パドルブレードペラ仕様をお好みで使い分けて頂ければと思います。。。

コチラ↓9月13日の釣行では霞本湖ド定番の水門ポイントでしっかりと結果出してますし、やっぱりザッパーシリーズはどれをとっても霞水系など沼系フィールドでは間違いない結果をもたらしてくれることでしょう(^。^)y-.。o○。。

20221008hitori2

この週末にかけては一旦真冬の寒さにはなりましたが、長期予報では今後寒さも落ち着いて比較的暖かい10月~11月になるとの事なので、、ラスト1~2カ月のシーズン終盤の釣りをガッツリ堪能して頂ければと思います。。

なんと言っても一発大物ありますからね~(#^.^#)。。。

BPトップページ

|

2022年8月 5日 (金)

ヒッター&ハネBPミノー案内開始しました。

当初の予定より少々遅れ気味にはなってしまいましたが、今月のアイテム「ヒッター」&「ハネBPミノー」の案内を開始いたしました。

と言う事で、販売店さんの元には遅くとも明後日日曜日には案内書が届くカタチになるかと思います。

2022805hitori-1

2022805hitori-2

それぞれキャラクターの異なるハネ物2種類。。

元祖ヒタヒタ系ハネ物の「ヒッター」に対し、「ハネBPミノー」はポコポコ音を発するタイプのルアーで、、状況やお好みで使い分けて頂ければ頂ければと思います。

シンプルに考えるなら、、

より厳しい状況下でじっくりゆっくり誘いたいのであればヒッター。。

アピール強めに分かり易く効果的に誘いたいのであれば勝負の早いハネBPミノー。。。

と言った感じになるでしょうか。。

ちなみに個人的にはヒッターの釣りは少々じれったく感じてしまい、本領を発揮するようなスローな釣りが苦手なので、どちらかと言うとオープンエリアであればハネBPミノーをチョイスしちゃいますかね~(^。^)y-.。o○。。(→葦際とかカバーにぶち込みたい時はハネトラかな・・・。)

まあとにかくハネ物って両極端で、好みが分かれるところだとは思います。ハイ(^^ゞ。。。

一応、来週の8月12日(金)が販売店さんからの予約締め切りの設定日となっておりますので、ご希望のカラーを確実にいち早く手に入れたいと言うヒトは、最寄りのひいきにしてる販売店さんでご予約頂ければと思います。。

BPトップページ

|

2022年7月18日 (月)

ヒッター&ハネBPミノー。。

先日サラッとお知らせしてましたが、今月(来月になると思う)発売のハネ物2アイテムヒッター&ハネBPミノーの発売カラーが決まりましたのでさっそくお知らせいたします。。

2022718hitori-2

2022718hitori-1

ヒッターとハネBPミノーそれぞれ4色で、合わせて計8色。。過去に発売した人気カラーの中からチョイスした感じですかね~(^^ゞ。。。

2022718hitori

ヒタヒタ系ハネ物の元祖「ヒッター」と、細身シェイプ乗り重視のポコポコ系ハネ物「ハネBPミノー」。。状況に合わせて使い分けて頂ければ、間違いなく強い味方になってくれる事と思います。。。

ちなみに、明日の休みはリベンジ芦ノ湖釣行(#^.^#)。。

前回(先々週)はちょっとジャイアントチャレンジに拘り過ぎてしまったので、明日は手堅くヒッター&ハネBPミノーで結果を出せればと考えております。。ちなみに前回も夕マズメのプライムタイムにはヒッターで2本掛けバラシしてますから、まあ、、多分、、、ハネ物を主軸に勝負すれば大丈夫じゃないかと。。。ただ、相変わらず水位は低いままなので、ブレイク周りを広範囲に探る様な釣りになるんじゃないでしょうか。。

心配なのは、ちょっと午後からは雨風が強くなりそうなので、、明日はカヤック申請開始時間の8時半からスタートして可能な限りやってみようかと考えております。

良い釣果報告が出来る事を願いつつ、行ってきます(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

|

より以前の記事一覧