新商品情報

2022年5月27日 (金)

マグナム&ジャイアントで何処まで勝負できるのか?!

5月7日のブログ記事で「今年はジャイアントチャレンジの年」と宣言しておりましたが、果たしてどこまで勝負できるのか?どんなフィールドでも通用するのか??一年を通して検証して行きたいと考えております。

そんな中で2022新作ルアーとして発売する「ジャイアント・ザッパー」ですが、当初の予定から少々遅れて6月の中頃の発売となりそうです。。

2022527hitori-1

最終プロトで釣りをしてるシーンは水曜日にアップしたYOU TUBE動画にも映ってますが、発売までの間にちゃんとしたアクション動画も撮ってアップする予定ですので、もうしばらくお待ちください。

今回のYOU TUBE動画では広角の引きの映像しかないので細かな動きを把握する事は出来ませんが、BPベイトお得意のUB(アンダーブレード)リグによって装着された大きなコロラドブレードの効果は大きく、ただ引き時にはボディーをロールさせる効果も加味され、その点マグナム・ザッパーとは大きく異なります。。もちろんシンプルな棒引きの方が効く時も有るでしょうし、状況を見ながらジャイアントにするか?マグナムにするか??両方併用しながら試していきたいですね~(^。^)y-.。o○。。。

そしてコチラ↓ジャイアント・ザッパーの発売に合わせてそれ用のソリッドカーボン製ロッド「BPロッドSCJ-1」も発売します。。(→合わせて、SCシリーズのフラッグシップモデルSC-3も同時生産しました。)

2022527hitori-2

コチラも水曜日にアップしたYOU TUBE動画で使用してますのでどんな感じの曲がりなのかをおおまかに確認できますが、70グラム弱のジャイアント・ザッパーをキャストする際でもしっかりとロッドにウェイトを乗せてコントロールキャスト出来るのを見て取れるでしょう。。

もちろん合わせるリール性能にも因りますが軽いところは1オンスを切るところから上は3オンスクラスまで対処できますが、やはり気持ち良くロッドに乗せてキャスト出来るのは1.5~2.5オンス位になるかと思います。。要するにマグナム&ジャイアント用の専用ロッド色が強い作り込みとなっております。あと、自分はほとんどやらないですが、そのパワー故にボートやカヤックから楽しむ中空フロッグのカバーゲームなんかにも適してるかもしれませんね~(^。^)y-.。o○。。

共に、来週後半あたりには販売店さんに案内を開始する予定となっております。。

ちなみにロッドの方は既に出来上がってお店に届いておりますが、案内の都合上ウェブショップ等に掲載するのはリリース後になるかと思います。。(→お店では販売してます。。)

ところで、、、

今度の日曜日は季節外れの?猛暑日になるみたいですね~(^^ゞ。。

2022527hitori1

内陸では35度越えと言う・・・。まだ5月だと言うのに、日本の気候はいったいどうなってしまったんでしょうか。。。

まあ、釣りにいくヒトは十分に猛暑対策をしてフィールドに出掛けてくださいね~( ̄▽ ̄)。。。

2022527hitori

ちなみに今日は2個目の睡蓮の花が咲きました(#^.^#)。。。

BPトップページ

|

2022年5月16日 (月)

明日のタックルとか色々。。。

明日は、ゴールデンウィークを挟んで久々の釣り(*^。^*)。。。

そんな明日のタックルはコチラ↓何気に今季初のダイレクト&S-3タックルと、2022NEWタックルとなるジャイアントタックルの2本立て。。

2022516hitori-1

ちなみにチョイチョイ聞かれるのでついでにリーダーの事を書かせて頂きますと、自分の場合普段使いのダイレクトタックルには25ポンド、マグナム&ジャイアント系タックルには30ポンドのナイロンリーダーを、、ちょっと長目の二ひろ位つけております。。キャストする時にノット部分をリールに巻き込むのを嫌うヒトも居るようですが、自分は全然気になりませんから、、最初は長目に付けておいてトラブルがあったら少しづつ切って短くなっていくと言う感じでしょうか。。。まあしかし、これはヒトそれぞれのお好みなんで一応おご参考程度にm(__)m。。

さて!2022新展開のジャイアントタックルですが、コチラ↓いよいよカタチになってきました。。

2022516hitori-2

コチラのマグナム&ジャイアント用のロッドの名前は「BPロッドSCJ-1」、下はリール性能に因りますが、上は3オンスクラスまで背負えて、且つしっかりとロッドに乗せてキャスト出来るフィーリングを重視したソリッドカーボン製のロッドで、価格は税抜き35000円となります。

2022516hitori-3

さすがに合わせるグリップはセミダブルタイプが無難かと思いますが、手首の力に絶大な自信があるヒトはシングルタイプでも2オンス位まではどうにかなるんじゃないかと思います。。

発売は今月末に迫っておりますのでお楽しみに(#^.^#)。。

で、そんな明日のルアー布陣はと言いますと、、コチラ↓いわゆるフルサイズルアーとマグナム&ジャイアントルアーの2BOX。。

2022516hitori-4

2022516hitori-5

もちろんコチラ↓ブライトリバー藤原氏がB.P.25th.ルアーとして作ってくれたL.AZOOL Blue(プロト)も持って行きます。。

2022516hitori

もちろん霞で釣らなきゃ自分のシーズンは始まりませんから、とりあえず霞本湖の何処かへ行く事だけは決めてますが、まだどのエリアに入るか悩み中(^。^)y-.。o○。。そして初バスを1本手にしたら、その後はジャイアント・ザッパー一本勝負に移行してやり通してくるつもりです。。。

好調だった昨シーズンと比べると未だに出ても乗せられない地獄が続いてる今シーズンではありますが、まあ毎年毎年上手くいく訳じゃないですし、実際2018年シーズンも初バスを手にしたのは5月中頃のこのタイミングですから、いい加減に明日は大丈夫でしょう。。。(→2018年のブログ記事はコチラから。。)

明日5月17日は自分の57歳の誕生日ですしね~( ̄▽ ̄)。。。

と言う事で、明日の釣行を控え本日の営業は午後8時までの短縮時間営業とさせて頂きます。。アシカラズご了承くださいm(__)m。

BPトップページ

|

2022年5月 8日 (日)

こんなのも仕込んでます。。

既に発売してる癖強めの2022新作ルアー「スラントミノー」と並行して秘かに仕込んでるのがコチラ↓同ボディーを使用した癖弱めのダブルスイッシャーのプロトルアーです。(→名前はまだ未定。)

2022508hitori-1

スラントミノーと違って横斜め浮きになる訳ではなく、むしろ喫水ギリギリのバランスで調整しておりますから、、いわば、みんな大好き!ただ巻くだけで釣れる系のルアーの類になるかと思います。

ご覧の通りの↓浮き姿勢で、赤い線引いてるところが喫水ラインとなります。。

2022508hitori-2

現状では△穴ペラと△穴パドルブレードペラ両方でテストしてる段階ですが、まあこれも近いうちに最終結論が出るでしょう。。

ウェイト的にもパーツ重量分が加わって5/8オンスクラスとなりますので、スラントミノーと比べて気持ち良くキャストも出来るかと思います。。。

まとめると、フラットサイドで、ちょうどいいサイズ感で、喫水ギリギリの浮力バランスと、、釣れる要素が三拍子そろったルアーになるんじゃないかと、個人的にも期待しております(^。^)y-.。o○。。

発売はチョット先になるとは思いますが、お楽しみに!!

BPトップページ

|

2022年5月 7日 (土)

今年はジャイアントチャレンジの年。。

昨シーズンから仕込み始めてましたジャイアントサイズのルアーですが、やはり一発目は「ジャイアント・ザッパー」で行く事にしました。。

コチラ↓とりあえずは全4色で発売予定です。(→パーツ類など細かな仕様変更の可能性あり。)

2022507hitori1

これまで発売してきたマグナムサイズのルアーがだいたい1.5オンスクラスの40グラム前後だったのに対し、ジャイアントサイズのルアーは更にサイズアップした約2.5オンスクラスと、70グラムに迫る大きさとなりますから、なかなかの重量感のルアーとなります。

なんでしょう、とても感覚的な話にはなってしまいますが大きいルアーにしか反応しない(興味を示さない)バスって、やっぱり居るんじゃないかと、、常々思っておりまして、今年はその辺を検証して行ければ面白いかな~と考えております(#^.^#)。。もちろん、フィールド特性と言ったらいいでしょうか??フィールドによっての向き不向き、ベイトサイズの違いだったり、シーズンの中でのタイミングなんかも有るでしょうし、その辺は一年を通してあらゆるフィールドで我慢強く使い続けて行くつもりです。。。

2022507hitori2

そしてもちろん!それ用のジャイアントサイズをキャストする為のロッドも並行して仕込み中でして、コチラも今月中にはご紹介できるかと思いますが、、ソリッドカーボン製のジャイアント用ロッド「SCJ-1」と言う機種になります。。

3オンスに迫るルアーでもしっかりとロッドに乗せてキャストするフィーリングを大切にした作り込みになってますから、ただただ堅いロッドではありません。ちゃんと曲げて、ルアーウェイトをしっかりとロッドに乗せて、、ロッドの弾力でコントロールキャストをする為のロッドです。。既に世の中にいっぱい有るようなビッグベイト用のロッドとはその辺の感覚が違ってくるんじゃないかと思います。。。

って事で、合わせてご検討いただいて、、皆さんも一緒にジャイアントチャレンジしてみてください(^。^)y-.。o○。みんなで一緒に答え合わせしていきましょう!!

ところで、、、

話変わって、メダカのお話しなんですが、、今年仕入れたホテイアオイの状態が悪く産卵床となる根っこがほとんど千切れてて、こりゃどうしたものか???と悩んでたんですが、根っこが伸びて来るのを待ってるうちにも産卵が既に始まってますし、新たにこんなの↓買ってみました。。「メダカの産卵用トンネル・ミニサイズ」です。。。

2022507hitori

アマゾンの口コミでも評判良かったし、まあダメモトでポチッとしちゃいました(^^ゞ。。。

メダカの隠れ家にもなりそうだし、口コミでは外側にも内側にも卵がビッチリ付きました!!なんてレビューも有りましたし、どんなもんか?楽しみですね。。。

BPトップページ

|

2022年5月 2日 (月)

2022新作「グッチー」アクション動画。。

少々発売が遅れておりますが、2022新作フラットサイドポッパー「グッチー」のアクション動画を簡単編集し、先程YOU TUBEにアップしました。

2022502hitori-1

「フラットサイドだから釣れる魚が居る。」という発想からスタートしカタチになったルアーで、とりわけ河口湖ではフラットサイド系のルアーが効くイメージがあり、そんな流れからグッチーと命名されました。。

移動距離を抑えたピンポイントでの首振りが得意で、ザクザクと小気味よく泡を抱きながらアクションします。

前後にカウンターウェイトが仕込まれており、誰にでも容易に首振りアクションが繰り出せますから、使い手を選びません。。また、サイズ的にも大きすぎず小さすぎず扱い易いサイズ感となっており、そんなサイズの割にはキャスタビリティーも抜群のルアーです。。

https://youtu.be/nJLnR6qq4c4

ズームアップした映像ではなくスマホではちょっと観づらいかもしれませんので、可能であれば大きなモニターでフルスクリーンでご覧頂ければと思いますm(__)m。。

2022502hitori-2

当初の発売予定よりスケジュールが遅れ、ゴールデンウィークには間に合いませんでしたが、、よりトップウォーターのルアーに反応が良くなってくるGW明けのタイミングにはリリースできそうです。。

お楽しみに(^O^)/。。。

BPトップページ

|

2022年4月28日 (木)

ゴールデンウィーク店頭セール開催!!

先日、ウェブショップ限定のスプリングセールを開催しましたが、いよいよ明日からはゴールデンウィークと言う事で!せっかく世の中的にもお出掛け解禁になった訳だし、このタイミングで「ゴールデンウォーク店頭セール」を開催します。

明日4月29日~5月8日まで延べ10日間は店頭商品全てを対象に10%オフとさせて頂きます。(→ただし5月3日は火曜定休です。)

10%オフって実質消費税サービス程度のイメージにはなりますが、このゴールデンウィーク期間中に釣りに行ったり、家族で出かけたり、帰省したりという流れの中で、是非ウチのお店にも足を運んでいただければと思います。。

コロナ禍になってからは、どうしても通販メインの生活様式になざるを得ない状況だった訳ですが、やっぱりお店を構えてる立場としては実店舗にお客さんが来るのって嬉しいですからね~(^。^)y-.。o○。。まあ、元のようには戻らないかもしれないけど、一つのキッカケになればと思います。。。

更に!期間中お買い物頂いた方にはコチラ↓B.P.25th.で作ったラバーキーホルダーがまだありますので、コチラをプレゼントさせて頂きます。。(→無くなったら終了。。。)

2022428hitori

と言う事で、皆さんのご来店お待ちしてますm(__)m。。

話変わって、、、

ちょっと出荷が遅れてる今月のBPアイテムですが、BPロッドS-3とキールポップに関しては既にお店に商品が届いており、明日明後日で販売店さんに案内をし、ご注文頂いた先には順次発送する予定となっております。(→2022新作「グッチー」はGW明けになるかも。。)

2022428hitori-1

2022428hitori-2

と言う事で、ご希望のアイテムを確実に手にしたい人は最寄りのひいきにしてる販売店さんにご注文頂ければと思います。

よろしくお願いしますm(__)m。。

あと、コチラ↓すっかりウェブショップにアップするのを忘れてました魚矢スペシャルの「スラントミノー」。。

2022428hitori-3

既にギルカラーは売り切れとなっておりますし、他のカラーも残りわずかとなっておりますが、ご検討ください。

ウェブショップはコチラからどうぞ。。。

BPトップページ

|

2022年4月23日 (土)

「グッチー」レギュラーカラー。。

昨日に続いて新作ルアーのご紹介です。。

2022新作フラットサイドポッパー「グッチー」のレギュラーカラーです。

本来なら昨日紹介したアイテムと一緒にリリースできる予定でしたが、コチラに関しては少々タイミングがずれてGW明け位に発売できるかと思います。。

2022423hitori-1

既に1月に魚矢カラーのグッチー紹介をした1月27日のブログ記事の内容と被りますが、なんと言ってもその特徴はフラットサイドであること。。

なんでしょう、、感覚的にではありますがやっぱりフラットサイドのルアーって釣れる気がする訳で、釣りにおいて「気がする」ってのは大切な事であり、だったらその点にフォーカスしてみようかと言う流れの中で、そう言えばポッパーは数々あれどフラットサイドのポッパーって無いのかなぁ、、と言う事で今回「グッチー」が誕生した訳です。。

個人的には「フラットサイドだから釣れる魚が居る。」と信じております。。。

2022423hitori-4

あと、フラットサイドのいわゆる平べったいルアーの方がファットなルアーと比べると「乗り」がいいのも間違いないでしょう。

ちなみにウェイト表記は切れのいいところで1/2オンスクラスを謳ってますが、実際には15~17グラム位ありますのでそんなに軽い感じもしませんし、この形状ゆえにキャスタビリティーも良いのでストレスなく気持ち良く使えるのではないでしょうか(^。^)y-.。o○。。

ルアーを下から見ると↓こんな感じ。。。

2022423hitori-2

2022423hitori-3

同じようなイメージでルアーのサイドを削ったカタチのBPルアーは過去にペンシルベイトの「サマディー」やシングルスイッシャーの「P-Vot」等をリリースしてますが、グッチーはその流れをくむポッパータイプのルアーと言う事にもなるでしょう。。(→更にトラペンとかハネトラもフラットサイド気味のシェイプになってます。)

ちなみに、ポップ音は気持ち控え目で、とにかくザクザクと音を発し飛沫を飛ばしながらの首振りが得意なタイプのルアーとなります。。

お楽しみに(^O^)/。。。

また販売店さんに案内するタイミングでお知らせいたします。。

BPトップページ

|

2022年4月22日 (金)

キールポップ新色と2022モデルS-3。。

当初の予定より少々遅れておりますが、そもそも4月末に発売予定だったアイテムのご紹介です。

今月はキールポップ2022新色とBPロッドS-3が発売されます。尚、同じタイミングで発売予定だった2022新作ポッパー「グッチー」は更に少々発売が遅れてしまいそうです。。

まずはコチラ↓キールポップ2022新色は先月発売したチコポップのカラー展開とおぼ同じラインナップとなります。(→ラメラメカラーが1色減って、代わりにFSカラーが増えたカタチですね。。)なので、是非チコポップで親子で(お揃いで)持っていただければと思います。

2022422hitori-1

レギュラーカラー4色、ラメラメカラー2色の全6色で、、今回はラメラメカラーの2色(RG.RT)カラーにのみテールフックと一緒にティンセルモールが標準装着されます。。

キールポップってご覧の通り見る限りだと、コレ!と言った分かり易い特徴がある訳ではないですが、とにかくトータルバランスに優れた作り込みとなっており、キャスタビリティー、操作性、共にクセなくとても扱い易いルアーなんです。。サイズ感も大きすぎず小さすぎず、その割にキャスタビリティーも良いのでダイレクトリールでもストレスなく使用できるのも魅力と言っていいでしょう(#^.^#)。。。

2022422hitori-3

ポッパーが効果的な河口湖においてもご覧の通り↓ちゃんと結果出してますからね~(^。^)y-.。o○。。

2022422hitorii-12022422hitorii-2

なんでしょう、今流行り?のただ巻いてるだけで釣れるルアーの類と違って、ポッパーに関してはアクションしなきゃダメなルアーですから「釣れた」と言うよりも「釣った」感があるし、アクションの強弱やテンポ(ポーズの長さ)を変える事によって反応が全く違ったりもしますし、実は使うとなかなか奥が深いルアーでして、トップウォーターの釣りの基本を知る上でも重要なアイテムと言っていいでしょう。。

多分?一週間ほどズレて発売される新作ポッパー「グッチー」と合わせて、ぜひ使って頂ければと思いますm(__)m。。

そしてコチラ↓2022モデルのBPロッドS-3は定番のラスタカラーとクリームの2色での発売となります。

2022422hitori-2

もうコチラは言わずと知れた超定番ソリッドグラスロッドですが、とりわけダイレクトリールとの相性が良く、オンス前後のフルサイズルアーをキャスト&アクションするのに適したロッドとなります。しっかりとカウントはしてませんが、累計生産数3000本越え?4000問越え?の販売実績が何より説得力があると思いますし、今後も毎年継続して発売して行くであろう、いわば「間違いない」ロッドなんです。。

ちなみに、S-3は既に入荷済みではありますが、キールポップと一緒に案内を開始してGW中に販売店さんへ納品する予定となっておりますので、BPウェブショップへの掲載はそれ以降となりますのでアシカラズm(__)m。。(→店頭では販売してます。)

両アイテム共に来週の中頃には販売店さんへの案内が完了するかと思いますので、ご希望のアイテムを確実に手にしたいと言うヒトは最寄りのひいきにしてる販売店さんでご予約頂ければと思います。。

よろしくです(^。^)y-.。o○。。。

BPトップページ

|

2022年4月 7日 (木)

発売予定アイテム色々。。

今日は、今後発売予定のBPアイテムを分かってる範囲のスケジュールでざっと紹介したいと思います。

まず最初に今月末4月の発売予定アイテムはと言いますと、ルアーは2アイテムで2022新作フラットサイドポッパー「グッチー」と、同じくポッパーの定番アイテム「キールポップ」です。。更に、毎年発売しております超定番ソリッドグラスロッドの「BPロッドS-3」も発売する予定となっております。

グッチーは既に魚矢カラー↓をご紹介しておりますが、先週の霞本湖釣行で幸先良くバイトを貰ったルアーでもあります。尚、レギュラーカラーも近日中にご紹介できるかと思います。

2022124hitori2

あと、BPロッドS-3に関しては定番カラーのラスタスレッドカラーと、5年前?にも一度発売してるクリーム色のブランクカラーのコチラ↓写真下の方ですけど、合わせて2色での発売となります。

2022407hitori-2_20220407185501

今年もS-3は本格シーズンイン前の良いタイミングで発売できそうですね~(^。^)y-.。o○。。

続く5月末には、いよいよジャイアント計画始動!ってな感じで、ジャイアントサイズ(マグナムよりデカイ)の「ジャイアント・ザッパー」を発売し、合わせてジャイアントルアー用のソリッドカーボンロッド「BPロッドSCJ-1」もリリースできそうです。

2022407hitori-4

ジャイアント・ザッパーはボディー長145mm、68グラムのBPルアー最大級のルアーとなりますが、一緒に発売するSCJ-1は約3オンスクラスのルアーまで背負えるパワーがありますので、もうこの辺は是非合わせてご検討いただければと(^^ゞ。。なんでしょう、、ガチガチのただ強い竿じゃなくって、ちゃんとグンッとロッドをしならせてキャスト出来るタイプの、少なくとも調子の出てるロッドだと思います。。。

そして、多分同じタイミングでソリッドカーボンの「BPロッドSC-3」のライトグレーラスタカラーも発売できる予定となっております。

現状で見えてるところではそんな感じですが、その後の予定に関してはまだまだ流動的ではあるものの、マグナム・ハネBPミノーとか、ヒレキールヘッド(仮名)とかの新作ルアーも考えております。。お楽しみに(^O^)/。。。

ところで、、、

既に「BP投稿写真ブログ」にもアップしましたが、さっそくスラントミノーでの投稿写真が届きました。。

2022407hitori-1

コレは嬉しいですね~(^。^)y-.。o○。。

これからも続々と朗報が届く事を楽しみにしてます!!

BPトップページ

|

2022年4月 6日 (水)

スラントミノーの横斜め浮きトゥルーチューン。。

いよいよ発売となった、2022新作「スラントミノー」は今日にも販売店さんの元に届いてるんじゃないかと思いますが、そんなタイミングで皆さんのお知らせしたいのが、スラントミノーの横斜め浮き姿勢のトゥルーチューンです。。

その名前の通り、スラントミノーは横「斜め」浮きの姿勢が最大の特徴となっている訳ですが、コレが真っすぐに浮いてしまったらコレはすなわち事故であり、、あってはならない事ですし、ユーザーによってはトリプルフックに交換する事なども想定し、発売前に色々考えたうえで製品版は敢えて横斜め浮き姿勢強めの設定となっております。。

で、ここからが肝心要のお話しになりますが、そんなルアーをユーザーのお好みでトゥルーチューンしベストの状態に調整して頂く事です。。

ちなみにコチラ喫水位置を比較した画像ですが↓ご覧の通りウッド製ですから一つ一つ個体差があります。一応、自分の中での理想スラント角度は横斜め45度浮き位でしょうか(^。^)y-.。o○。。(→目の穴の下位に喫水線がくる位。)

2022406hitori-1

もちろん、ガッチリきつく斜め浮きした状態でもスラントミノー独特のヒラヒラ首振りアクションは出来ますが、より一層扱いが難しくクセ強めのルアーになります(→スラント角が緩い方が扱い易くなります)。。なので各自で微調整を施してお好みのベストを探ってもらいたい訳です。。

単純に、ベリーに装着されているフックをサイズアップするのもいいでしょう。。もちろんトリプルフックに交換するとスラント角は緩くなります。

あと、コチラ↓ダブルフックの開き防止効果にも繋がるため一部のアングラーが実践してますが、フックのシャンク部分にスプリットリングをかまして重量を増し微調整するのも有りでしょう。。

2022406hitori-3

コレはウェイトの微調整にもなる上に、ダブルフックの弱点でもあるシャンク部分が開いてしまう事象を防ぐことが出来る訳で、一石二鳥のチューニングと言ってもいいかと思います。。

あとコチラ↓実は今回は写真下の軽いタイプのサーフェスリグを標準装着しておりまして、コレを従来から使っている、、いわゆる皆さんが一番使っているであろうサーフェスリグに替えるだけでも微妙にバランスが変わってきます。。

2022406hitori-2

いや~~っ、実に面倒くさいでしょ~、、でもこの面倒くさいのが楽しいんです。。自分好みのテイストを探って、それで結果に繋がったら最高じゃないですか(^。^)y-.。o○。。

2022406hitori-4

と言った具合に、クセ強めで手の掛かるルアーではありますが、だからこそ愛着の湧く使って楽しいルアーになるかと思います。。BPウェブショップにはこの後アップしますのでぜひ一つ買ってみて、使ってみて、トゥルーチューンしてみて、、アクションを楽しんでみてください(^。^)y-.。o○。。(→ウェブショップはコチラからどうぞ。)

まあ、ルアーだから「釣れるの?」ってなるのは分かりますが、そこじゃない!!そもそもトップの釣りって釣果はある意味二の次で楽しむスタイルですからね~。。。(→もちろん釣れるに越したことはないですが。)

尚、詳細は未定ですが、ゴールデンウィークにかけて「スラントミノーチャレンジ」的なフォトコンも開催予定ですので、お楽しみに(^O^)/。。

BPトップページ

|

より以前の記事一覧