動画

2017年12月15日 (金)

「モジョ・ヘッド」ブランク発掘。。

。今から17年前、ミレニアムイヤーの2000年に発売された「モジョ・ヘッド」と言うルアーをご存知でしょうか。。

多分、今となっては知ってるヒトの方が少ないと思いますが、ダンクスの「ダブルヘッダー」と言うオールドルアーをベースに新機構を盛り込んだツーパーパスルアーで、プラスチックと発泡のハイブリッド素材を取り入れた、BPベイト2作品目のインジェクションルアーです。。

実は、そのプラ発泡ハイブリッドボディーと言うのが蓋を開けたら曲者でして、いわゆる量産からは程遠い手間が掛かってしまい、莫大な型代を掛けたにもかかわらず一度の生産のみで、その後二度と生産する事が出来なくなってしまったという、いわく付きのルアーなんです。(→ウッド・モジョヘッドというカタチでは生産しましたが・・・。)

そんなモジョヘッドのプラ発泡ブランクが、本日倉庫から発掘されました。。

20171215hitori

しっかり数えてませんが、ざっと100個分くらいでしょうか。。

と言う事で、当時の資料(雑誌広告)を掘り返してみたら、、有りました有りました(*^^*)。。フローティングフィッシャーマガジンのVol.7とVol.8に熱い思いを込めた製品広告が掲載されておりました。。

20171215hitori_1
<<写真はクリックで大きく表示されます。>>

分かりますでしょうか?オールドルアーのダブルヘッダーは頭部を回転させ凸凹のピンをハメ込むカタチで上向き下向きの2種類のルアーとして使えるような工夫がされていましたが、モジョヘッドはそれをもっとシンプルに図形的な凸凹で固定できるようにして、よりスマートに上向き下向きが切り替え出来るように、一歩進んだカタチとなっているのです。。

コレにより、バネを介して固定されているヘッド部分は片手で簡単に上下チェンジする事が出来るようになり、時にはワンキャスト毎にペンシルポッパータイプとダータータイプの別アクションを演出する事だって出来る訳ですな~(^。^)y-.。o○。。分かりますか~??

まあ、文章で書いてもなかなか理解しずらいでしょうから、簡単な動画を撮ってみました。

いかがでしょう。。コレがモジョ・ヘッドのツーパーパス機構です。。。

もちろん倉庫から出てきたブランク数は限られてますのでどの段階で作るのか?場合によってはキープキャスト等のイベント用ルアーとして作るのか??まだ決めかねておりますが、少なくとも近日中には必ず発売しますのでお楽しみに(^O^)/。。。

ところで、、、

久しぶりに古いフローティングフィッシャーマガジンを見てたら、やっぱり面白いですね~(^。^)y-.。o○。。コチラ↓モジョ・ヘッドの広告が掲載されていたVol.7&Vol.8の表紙。。。

20171215hitori_2

紙面の中では、なんとも懐かしいニ~コレ荒井氏のキラキラ写真が(^。^)y-.。o○。。しかも、魚を釣ってるルアーがキールヘッドと言うのが今となっては新鮮ですよね~。。。

20171215hitori_3

2000年ですから、自分も荒井さんもまだ35歳だったんですよね~(*^^*)。。

そりゃまあ、お互い歳とりますわな~。。。

ちなみに、この辺の雑誌も販売はしてませんがお店で見る事が出来ますので、ご興味ある人は申し出てください(^。^)y-.。o○。。

BPトップページ

|

2017年11月15日 (水)

レンタルボート解放前の三島湖釣行。。

えっと、結果から言いますと、色々とチグハグな感じで釣果に恵まれず、途中から雨も本格的に降ってきて写真も少ないので、今回はサクッと簡潔に釣果報告。。。

午前8時過ぎ、ちょっと遅めのスタートでポジドライブ飯村さんと湖上のヒトに。。

20171115hitori_1

実は前日夜にけっこうまとまった雨が降ったらしく一晩で70センチほどの増水となり、途中で遭遇したトップウォーターアングラーから上流は濁りが酷く流れもなかなかキツかったとの話を聞いて、自分たちは本湖エリアを右往左往しましたが、結果的にはそれが良くなかったようです。。

ギルらしきしょぼバイトはあったものの、バスからの応答は全く無し(>_<)。。

自分も久々にフライもやったんですけど、なかなかうまくキャストできません。。。

20171115hitori_2

やっぱり大きなバス用フライをキャストするのは難しいですね~。。。

まあしかし、月曜日のブログにも書いた通り、色々やりたいことがありすぎて、、忙しい。。。

ちゃんと360度動画もテスト撮影してきましたが、そりゃもうグダグダのダメダメ映像なんですけど、とりあえずユーチューブにアップしましたのでお時間ある人はご覧あれ!

コレはやっぱり面白いですよね~(^。^)y-.。o○。。けど、一部からはスマホで観ると目が回って気持ち悪いかも、、との声も出てます。。。

その後、天気予報を裏切る雨が早い時間帯から降り始め、チコ&フライフィッシングには不利な状況となってしまい、、結果的には完全無欠の撃沈(>_<)。。色々タイミングが悪かったみたいですね~。。。

ちなみに、その後再び遭遇したトップウォーターアングラーさんご一行は、別筋の最上流でかなり良い思いをしたとの事。。なんでも、二桁バイトを貰いしっかりとバスをキャッチしてたみたいです(→ただし、雨が降り出した午後は沈黙だったとの事)。。

ほんと、行ってみないと分からないですけど、場所とタイミングさえ合えばまだまだチャンスはあるって事です!!

こりゃ、リベンジ決定ですな~(^。^)y-.。o○。。。

さてさて、、、

皆さん気になる三島湖のバス釣りアングラーへのレンタルボート解放がいよいよ今週末の17(金)に迫ってきておりまして、その辺の話もいろいろ伺ってきました。。

先ず、これまで駐車場利用というカタチでお世話になってきた渡辺釣舟店に関しては基本的には今まで通りマイボートのみ対応するとの事で、大きな変更点は無いとの事です。。

細かなところは↓コチラをご覧いただければ詳しく書かれていますので、ご確認いただければと思います。。渡辺釣舟店のバサー向けフェイスブックページです。。。

20171115hitori_3

大きく変わるのは、各ボート屋さんでボートをレンタルするなり駐車場を利用するなり、手配をする段階で利用代金を払い、そこで白い腕章を預かったうえで釣りをすると言う事。。コレで、ズルして出船してるヒトとの区別がつくようになります。。。

また、注意すべきは出船&帰着時間。。コチラ↓の表に書かれてる通り季節によって時間が変わりますのでご注意ください。。

20171115hitori_4

ボート屋さん曰く、とりわけヘラブナ釣りのお客さんが多いであろう土日に関してはしっかりとルールを守ってやってほしいとの事ですが、比較的ヒトが少ない平日に関しては臨機応変にやってもらえれば大丈夫と言ってくれてました。。しかし、ココでバカなことをすると元も子もないのでその辺は十分に自覚して対応頂きたいものです。。。

よろしくお願いしますm(__)m。。

BPトップページ

|

2017年8月16日 (水)

フローティングバズ de ボッコボコ動画。。

既に、8月2日のブログで50アップ捕獲動画は紹介しましたが、実はこの日コバ~~~ンはその他に数えきれないくらいのバスをフローティングバズでキャッチしておりました。。

その様子をユーチューブにアップしてくれたのでさっそく紹介させて頂きます。。

いかがですか~(^。^)y-.。o○。。やっぱりバズ系ルアーはハマると凄いんです。。。

まあ、この日はパターンにずっぽしハマったんでしょうけど、ピックアップ前の八の字で釣れてるシーンも圧巻ですよね~。。

こんな事はそんなにないとは思いますが、持ってなきゃボッコボコお祭りを体験する権利が無い訳ですから、、やっぱりボックスの中に1個は入っていた方がいいルアーだと思います。

徐々に在庫も少なくなってきてますので、秋シーズンに備えて買っておこう!ってヒトはコチラからポチッとヨロスクですm(__)m。。

BPトップページ

|

2017年8月 3日 (木)

ダブルチャーシューいよいよ発売。。

既に、7月20日のブログでもお知らせしてましたWOW&TPSコラボの限定発売アイテム「ダブルチャーシュー・エキスパート」がいよいよ発売となります。。

今日ウチに荷物が届いて、さっそくそれぞれのショップに発送しましたので、一両日中には発売開始になるのではないでしょうか。。

販売サイトは、WOWストアーTPSタイムネスポップストアーとなりますので要チェックですからね~(^。^)y-.。o○。。。

前回はイラストでしか紹介できませんでしたから、コチラ↓出来上がりの写真はコレが初お披露目。。

2017803hitori_1

TPSのアメリカンドッグ・ダブルチャーシュー・エキスパート(長っ)は、いい感じで辛子が効いてる感じですし、WOWのダブルチャーシューはお決まりの白黒デザインでビシッと決まっております(^_-)-☆。。。

ちなみに、、発売を前にTPSオニシコリ君とWOWケイジロウ君で動画を撮りに行って、見事二人ともダブルチャーシューでバスをキャッチしてますので、コチラ↓是非ご覧ください。。

まあとにかくピンポイントでの首振りが超得意で、軽くロッドを煽るだけで簡単にその場で首振りしてくれますし、ただ引き時にはリアのペラとブレードが干渉し小気味よい音を発しますし、、そして何よりルアー回収時にルアーが回転してしまう前ペラ物ルアーの弱点が解消されているのも魅力の一つと言えるでしょう。。

尚、お値段は新価格の3800円(税抜き)となりますので、アシカラズご了承くださいm(__)m。。。

BPトップページ

|

2017年8月 2日 (水)

ハマると凄いんです。。

既に、今日の「BP投稿写真ブログ」にもアップしましたが、高知のコバ~~ンが2017新作「フローティングバズ」で見事50アップを手にしました。。

コチラ↓今季5本目の50アップだそうです。。凄いですね~(^。^)y-.。o○。。。

2017731toukou

フィールドは夏パターンでショートバイトが多く、そんな時に効果的な手段としてダブルスイッシャーの早引きとかバズベイト系のルアーを多投することが多いそうです。。多分、低活性のバスに対し反射的に口を使わせちゃおう!って事なんでしょう。。。

ウチのルアーで言えば「マニューバー」なんかもそうなんですけど、こういったバズ系のルアーってハマると凄いんですよね~。。自分も昔オールレンジの釣りをしてた時に、いわゆる一般的なバズベイトで何度か爆発的な釣果を叩き出した事がありました。。

もちろん、いつでも間違いなく結果を出してくれる訳ではありませんが、いろんなルアーをローテーションする中で一つの選択肢として持ってて損はないでしょう。。八方塞がりで何が良いのやら??分からない、、なんて時にバズ系ルアーを試してみたら大ハマり!なんて事だってありますからね~(^。^)y-.。o○。。

さっそくコバ~~~ンTV動画がアップされてますので↓是非コチラもご覧ください。。

なんでも釣れたのはこの50アップだけでなく、他にもこの日はフローティングバズでボッコボコに釣れたそうですから、まさにハマりルアーだったんでしょう。。。

最後にもう一回言いますけど、バズ系ルアーってハマると凄いんです(^。^)y-.。o○。。

是非お試しください!!

BPトップページ

|

2017年7月 1日 (土)

ダブルマグナム・エキスパートで!!

とうとうコバ~~ンがやりました!!

あの、約300グラム10オンス越えのドデカルアー「ダブルマグナム・エキスパート」で、とうとうバスをキャッチしました(^。^)y-.。o○。。

2017701hitori_1

まあルアーはデカいし、コバ~~~ンもデカいので魚が小さく見えますが、44センチのナイスバスキャッチ、オメデトさんです(^。^)y-.。o○。。

四国遠征の際に自分も試し投げさせてもらいましたが、そりゃもうド級の大きさでその分タックルも強烈だし、キャストするのも大変。。コレを信じて投げ通すのは流石コバ~~~ンです。。恐れ入りましたm(__)m。。。

その四国遠征の際の記念撮影↓自分が持つとこんな感じです。。

2017701hitori_2

正直、自分には真似できません。。。

コバ~~ン動画も有るので↓ご覧頂ければと思いますが、ルアーがデカ過ぎてバスが掛かった後は跳ねる事も出来ない感じで、ちょっと笑えます(*^▽^*)。。。

いかがでしょ。。まあとにかく凄いですよね~(^。^)y-.。o○。。。

しかし、ブラックバスと言う魚は面白いですよね~。。こんなドデカいルアーに食らいついてくるんですから、ホント驚きです。。。

あとはコレで、ワールドレコードのバスを釣ってもらうしかないですな~。。

頑張れ世界のコバ~~~ン!!トップウォーターアングラーの夢をかなえるのはキミしか居ないです(^O^)/。。。

BPトップページ

|

2017年5月24日 (水)

マグナムガイドサービス利根水系釣行。。

はい、マグナムケイズ長尾さんと行ってきました!マグナムガイドサービス利根水系釣行(^O^)/。。。

日の出とともに長尾さんのバスボート「マグナム艇」の準備を始め、辺りが明るくなってきたところでスタートフィッシング。。

2017524hitori1

出船直後、先ずはマリーナのある横利根のマグナム長尾さんオススメ有望ポイントを攻めます。。

それこそ、開始4~5頭目だったでしょうか、、いきなりマグナム長尾さんがアメドリルアーでバイトを貰うも、フッキング後のワンジャンプで痛恨のバラシ(>_<)。。。

コレは残念でしたが、数十分後にはいきなりのマグナム砲炸裂!!

2017524hitori2

さすが、横利根の事を知り尽くしてます。。狙い通りのポイントで、サクッと1本。。

自分も、ファット・ザッパープロトでワンバイト貰うも乗せられず、、横利根に見切りをつけて今回の本命ポイント利根川本流へいざ出発(^O^)/。。。

しかしです。。昨日は朝の早い段階から南風が強く、有望ポイントがザブザブで少々苦戦を強いられます。。。で、あっちへこっちへ大移動。。

比較的風裏となるタヌキ島周りでは、、強烈な多分雷魚であろうバイトを貰うもこれまた乗らず(合わせず)すっぽ抜け。。この写真の↓立ち木の根っこのところです。

2017524hitori3

更に昨日は午前中の水位が低く、本流筋のシャローは浅すぎて勝負にならないと判断し、、マグナムガイドコンピューターがはじき出した答えは、流入小河川で勝負をするしかないという結論となり、バビュ~ンと大移動し、とある小河川に向かいます。。

あっという間に到着。う~ん。。水色良好(*^。^*)。。。コレは期待がもてます。。

そして、早々にマグナム砲またも炸裂!!アメドリのフラットサイドミノータイプルアーでサクッと一本!!

2017524hitori4

自分も、ファット・ザッパープロトでバイトを貰うも乗せられず、、意気消沈(T_T)。。。

「今日はもうダメかな~。。。」と弱音を吐きつつも、困った時のお助けルアー「ウッド・ザッパーLP」をチョイス。。

やはりこの判断が正解でした。。

ゴボッっとナイスバイトで喰ってきた利根バスゲットです(^_-)-☆。。良かった良かった。。。

2017524hitori5

長尾さん曰く、利根川のバスは晴れの日の真昼間でも喰ってきてくれるのが魅力との事で、事実この小河川に午前10時過ぎに入ってから二人でかなりのバイトを貰いました。。

そして来ました、、小河川ドン突きの水門エリア、通称『ナイアガラの滝』。。。そりゃもう釣れる雰囲気ムンムンの、定番ポイント。。。

ロッドに結んでるのは、2017新作「フローティングバズ」のプロトモデル。。

確か3投目だったでしょうか。。水門の水がオーバーフローしてる落ち込み奥へルアーをキャストし、ブリブリっとリールを巻いて、落ち込みの泡が消えてる所に差し掛かったところで、「ドバン!」と激烈バイト(^◇^)。。。

ガッツリフッキングした後は、とにかくすごい引きでなかなか姿を見せません。。ばんばんラインを引き出され、、ダイレクト逆回転の指ドラグで対処するも、なかなか音を上げない謎の大物に二人で大興奮。。

鯉?レンギョ??ソウギョ??それとも今流行りのアリゲーターガー??スヌーク???まあいろんな魚の名前が飛び出す中、姿を現したのはコチラ↓何と巨大シーバスでした。。しかも、自身のシーバスレコード85センチと言うオマケ付き。。。

2017524hitori6

いや~、、コレはヤバイでしょ~(^。^)y-.。o○。。まさかココでこんなデカいシーバスが釣れるなんて全く想像してませんでしたから驚きです。。

コチラ↓その時の動画をファイトの途中から撮ってたのでご覧ください。。そりゃもう二人で大興奮して、すっちゃかめっちゃかの縦横入り乱れた撮って出し映像ではありますが、だからこそ臨場感があって面白いと思います。。是非、音声込みでお楽しみください( ̄▽ ̄)。。

いかがでしょう(^。^)y-.。o○いいオッサン二人で大はしゃぎしてるのが笑えるでしょ~。。。

その後落ち着いてルアーを見ると↓御覧の通りで、フックは前後伸びてて、ギリギリの所でのキャッチだったことが想像つきますね~。。ランディングした時にはリアフックがエラの下あたりに掛かってるだけの状態でしたが、フロントフックが伸ばされていたところを見ると、最初はフロントフックが口に刺さってて、それが外れた時にリアフックが運良くエラ下に掛かったんでしょう。いや~、ほんと色々とラッキーでした。。

2017524hitori7

そんな事を考えると、この魚はダイレクトリールで時間を掛けつつも丁寧なやり取りをしたからこそ獲れた魚だったのではないかと思います。。

ダイレクト最高(^O^)/。。そして、マグナムガイドサービス最高(^_-)-☆。。。

コレですっかり大満足の自分でしたが、帰りもまだまだチャンスはあるだろうともう一回スイッチを入れ直し、発売直前の「ムサコ」のプロトをチョイスし、復路を打ちます。。

このムサコ、、ピンポイントでの首振りが得意なルアーですが、昨日はそんなに激しく動かさない方が良かったみたいで、ラバースカートが揺らめく程度の緩~いアクションでバイト連発!!乗らなかったり、痛恨のバラシをしたり、、半ば諦めかけてたところでノールックアクション中にゴボッとナイスバイトで勝手に乗っちゃいました。。やる気のあるバスは違いますね~(*^。^*)、、乗る時は勝手に乗るんです。。。(→後から聞いた話では、バイトがあった所には自転車が沈んでるとか・・・。)

これまたナイスクオリティーの利根バスゲット。。

2017524hitori8

アップでもう一枚。。

2017524hitori9_2

そして二人で記念撮影(^_-)-☆。。。

2017524hitori

もう一度言いましょう!マグナムガイドサービス最高(^O^)/。。。

長尾さん、本当にありがとうございましたm(__)m。。まさに大満足の釣行となりました。

とにかく利根水系は広大で、どこから手を付けていいのやら?分かりずらいところはありますが、やはり臨機応変に状況の良いエリアを選ぶことが重要なんだと、とても勉強になりました。。

2017524hitori10

以上!外道運だけは「持ってる」私松井友宏でした。。。

長々とお付き合いありがとうございましたm(__)m。。

BPトップページ

|